熱中症予防のための脱水症にならない水の飲み方

2014年8月1日 | 院長の独り言

最近、暑いですね!

夏ばてなんかしていませんか?

脱水症にならないように正しい水の飲み方なんかをご案内します!

どうぞ!

参考にして下さい!

水を飲むペースとしては・・・・。

○ 2時間に1度
○ 寝る前&起きた時

× アルコール
△ カフェインが入った飲料(コーヒー、紅茶、緑茶)
○ 水・麦茶
◎ 経口補水液

経口穂水液を
自分で作るには?

水1㍑に対し
塩 小さじ2分の1
砂糖 大さじ4杯と2分の1

*経口穂水液とは
食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かしたものである。
これを飲用する事で小腸において水分の吸収が行われるため、
主に下痢、嘔吐、発熱等による脱水症状の治療に用いられる。
水に溶かす前の状態のものを経口補水塩という。

飲みやすい方法としては・・・!

経口補水液+レモン、グレープフルーツの果汁

100%オレンジジュース カップ1杯入れると良い。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る