身体の予防と対症療法・・・。

2015年6月2日 | コラム

足のしびれや痛みを伴なう「坐骨神経痛」がどんな原因によって引き起こされているかがはっきり分かっていれば、その痺れや痛みを除去することが本質的な改善になるのですが、原因が特定できない時や、原因の除去が困難である時は症状の緩和を目的とした対症療法を行なっていきます。

バックペインと称される「背中痛」ですが、高齢化が直接の原因というだけじゃなく、肩こりや腰痛が原因となり背中の筋肉のつり合いが「アンバランス」になっていたり、筋肉が本来の役目を果たしていないと起こりやすいと言われます。


色々ある原因の中で、「腫瘍」でお尻や太ももの裏がしびれる「坐骨神経痛」が出てしまった時は、「うずくような痛み」がとても強く、基本的な保存療法では効き目が見られないという性質が見られます。


「頚椎ヘルニア」の改善法の中の1つである保存的療法につきましては、マッサージをはじめとする「理学的療法」他には「頚椎牽引療法等」があります。

効果的なもので対策をとらないと、望ましい結果に結び付きません。


「外反母趾」を改善する方法である「運動療法」としては、もとからその関節を動かすことになっている筋肉を利用して関節可動域で自力で関節を動かす自動運動と、関節を動かす役割のない筋肉や、他動運動機器、専門の作業療法士等、別の人の力を用いて関節可動域を広げて動かす他動運動が存在します。


外反母趾治療の一つである「運動療法」という筋肉を動かす療法で大切なのは、母趾の付け根部分の関節がひらがなの「くの字」型で固まってしまうのを避けること、それから足指を動かす時に重要な母趾外転筋の筋力を強化することです。


「頚椎ヘルニア」と診断された場合で、その症状自体が腕に対しての放散痛が主訴だとすれば、手術をすることはなく、別名保存的療法という名前の治療法を取り入れることが前提とされています。


スマホやパソコンを長時間使用したことによる「眼精疲労」によって、「肩こり」や「頭痛」のような症状が誘発されることもあるので、酷い「疲れ目」を解消して、いつも辛かった肩こりも耐えられないほどの頭痛も整体を受ける事によって完全に解消させることがお勧めです。

頑固な膝の痛みは、しっかりと休息時間を取らずに運動やトレーニングを続けたことが原因の膝の酷使による偶発的な負傷で発現する場合が見られます。


あなた自身の身体が慢性的ヘルニアならどのような状態にあるかを自分で把握して予防措置をしておくことは、あなた自身にできる慢性的な椎間板ヘルニアのための対症療法とも言えます。

症状が進行すると痛みで生活に支障をきたすほどという頚椎ヘルニアを発症してしまっても、早期に診断を受けて治療に取り組んだ人はそれから先の深刻化した症状に苦しめられることなく安心して生活ができます。

誰もが経験しうる腰痛は諸々のきっかけにより出現するので、整体院ではカウセリングに多くの時間を取り、腰痛を出現させている原因を取り除きます。

坐骨神経痛と呼ばれる神経痛の療法では、痛みのラインを特定しどこの骨盤がどういう歪みに至って、神経を圧迫しているかを頭の中でイメージして「骨盤矯正」を行っています。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る