歳をとればとるほど…。

2015年6月8日 | コラム

病気や老化で背中が湾曲し猫背の形になると、5kgもある重い頭部が肩の前に出るため、それを受けて、常に首が緊張した状況となり、慢性疲労を起こして根深い首の痛みが出ます。

猫背と呼ばれる状態だと、首の後ろの筋肉にしょっちゅう大きな力がかかっていることになって、完治の難しい肩こりが発生するので、長きに渡り辛い思いをしてきた肩こりを根っこから解消するには、何はともあれ元凶である猫背を解消しなければなりません。

頚椎ヘルニアの治療法の中の1つである保存的療法には、マッサージで知られている理学的療法並びに頚椎牽引療法と言われるものがあるのです。あなたがしっくりくるものを選ばなければならないのは言うまでもありません。

首痛を伴う頚椎ヘルニア症の方が、整体院で治療を受けるか否かは、様々なご意見があると思いますが、治療が予定通り行われた後のリハビリテーションや再発症の抑止を目指す為には、有用であると断定できるでしょう。

辛い腰痛は「加温する?」「冷湿布で冷やす?」「急に強い痛みに襲われた場合どうする?」など単純な疑問や、お馴染みの質問だけでなく、最適な医療機関の選び方など、有益な内容をお知らせしています。

多数の患者さんが苦しんでいる腰痛を和らげる方法として、病院で最新型の機器や新しい薬により実施される治療から代替療法まで、本当に様々な対処法があります。

不思議に思われるかもしれませんが、現実に坐骨神経痛を治療するための薬というのはなくて、用いられるのは痛みを抑制する鎮静剤もしくは筋弛緩剤やブロック注射をするといった対症療法とほぼ同じと言える薬という事になります。

テーピングとは、悪化する前の外反母趾を手術なしで治療する最も有効と言われる治療テクニックという事ができ、数万人に上る臨床から判断して「確かな保存的療法」という事実が言えると思っていいのではないでしょうか。

自らの身体が置かれている状態を自ら判断して、大丈夫な範囲を踏み外さないように予め予防線を張っておくという取り組みは、自分しかやることができない椎間板ヘルニアを少しでも快方に向かわせるための治療手段の一つと言えるのです。

いつまでも、歳月をかけて治療を継続して受けたり、入院して手術を受けるとなってしまうと、ちょとやそっとではないお金を使うことになりますが、こういう現象は腰痛だけに限られた特殊なことではないのです。

椎間板ヘルニアの治療の際は、保存的な加療を治療のベースとしますが、およそ3ヶ月継続して回復の兆しがなく、日々の生活がし辛くなることになった時は、手術の実施も前向きに考えます。

歳をとればとるほど、罹患率が多くなる頑固な膝の痛みの要因はほとんどが、すり減って薄くなったり消滅してしまったりした膝軟骨によると考えられていますが、一旦すり減って消滅してしまった軟骨は、絶対に元通りになることはないのです。

加齢などに伴い頚椎の変化が生じると、首の痛みに加えて、肩の周囲の痛みや手指のしびれ、または脚の感覚異常のせいで発生する顕著な歩行困難、また残尿感等の排尿障害まで引き起こす事例も見られます。

保存的加療には、物理的エネルギーを利用した物理療法、薬物を用いる薬物療法等があり、個々の患者さんによって出方が違う椎間板ヘルニアの症状に合うように複数の治療手段を併用して実行していくことが多いです。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る