腰部の坐骨神経痛の主原因が明白な場合は…。

2015年7月5日 | コラム

腰部の神経根圧迫から起こる坐骨神経痛の主原因が明白な場合は、それを除くことが根本からの治療になり得るのですが、原因が明確でない場合や、原因を除去できない事情がある時は、対症療法で行くしかありません。

何年も苦労している背中痛ですが、どんだけ専門施設を受診して検査してもらっても、理由も治療法も明確にならず、整体にチャレンジしようかと考えています。

この頃はインターネットの検索エンジンで「肩こり解消グッズ」で検索した結果を確認すると、とてつもない種類の便利グッズがひっかかって、チョイスするのに困るほどです。

頚椎が疲労や老化により変形すると、首の痛みの他に、肩周辺の鈍い痛みや手の感覚がおかしいという自覚症状、そうでなければ脚の感覚異常のせいで発生する明らかな歩行障害、その上更に排尿の障害までも起こす事例も見られます。

多様な原因の中で、腫瘍の影響でお尻や太ももの裏がしびれる坐骨神経痛の症状が出た場合は、継続的な痛みが激しく、保存療法を施すだけではいい結果は得られないという特徴がみられます。

よく知られていることですが、多くのウェブサイトの中には腰痛治療を極めた便利なサイトも結構作られているので、自分にしっくりくる治療のやり方や病院等の医療機関または整体院を選定することも楽にできます。

テーピングを用いた矯正は、厄介な骨盤矯正をメスを入れずに治す極々有効な治療手段であり、数えきれない人数に達する膨大な臨床例より「保存的療法が確立された」という事実が存在すると考えていいと思います。

専門医による治療に限らず、鍼灸による治療でも日常的に負担の大きい坐骨神経痛による疼痛が軽くなるのであれば、一時的にでもチャレンジしてみても損はないと思います。

驚かれるかもしれませんが、実際問題坐骨神経痛のための治療薬は存在しておらず、治療薬として使われるのは痛みを抑える鎮静剤や神経の伝達を遮断して苦痛を軽減するブロック注射を行うなど対症療法と言った方がいいような薬剤しかありません。

肩こりを解消するために作られた商品には、お手軽にストレッチができるように工夫されている製品から、患部を温めて冷えを解消できるように工夫されている実用的なものに至るまで多くの種類があるのでお気に入りを見つけることも可能です。

日常生活に支障をきたすほどの腰痛のきっかけとなる要因と治療の内容を頭に入れておけば、ふさわしいものとそうは言いきれないもの、肝心なものとそうは言いきれないものがわかることでしょう。

全身麻酔をかけることへの恐怖や出血への不安、リハビリ期間の長さや後遺症への不安など、これまでの手術に関する不安な点をクリアしたのが、レーザー光を用いたPLDD法による椎間板ヘルニアの治療です。

関節だったり神経が影響しているケースに加えて、仮に右側だけ半分の背中痛のケースでは、実際は肝臓が悲鳴をあげていたなんてこともあり得るのです。

骨盤矯正の治療において、真っ先にやった方がいいことは、足に対応した適切な中敷きを作ってもらうことで、そのおかげで手術に頼らなくても矯正が可能になる喜ばしいケースはふんだんにあります。

我慢できない腰痛は「温めると楽になる?」「冷やすのがいい?」「いきなり痛くなったら?」など、未経験の人が誰でも疑問に思うことや、よく見られる質問事項の他、自分に合った病院や診療所の選定方法など、とても便利な情報をお知らせしています。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る