整体師による施術!

2015年7月13日 | コラム

容易には信じられないと思いますが、痛みを抑える薬剤がうまく作用せず、長期間苦しめられてきた腰痛が、整体師による施術で目に見えて良い方向に向かったという場合が現実にあるのです。

時々バックペインといふうに叫ばれる背中痛につきましては、高齢化が直接の原因というのみならず、肩こりであるとか腰痛が元で背面を構成する筋肉の均衡状態が悪化していたり、筋の動き自体に異常が発生していると発症しやすいとされています。

専門医の治療を受けながら、膝を保護する意味で膝専用に開発されたサポーターを使っていれば、膝へのストレスが大幅に少なくなりますから、厄介な膝の痛みが早めに改善することが期待できます。

外反母趾を治療する方法である筋肉を鍛える運動療法には、元々その関節を動かす役割の筋肉を利用して自分 の意思で筋肉を動かす自動運動と、その部分以外の関節とは無関係の筋肉や、運動機器、理学療法士等、他の力を借りることによって自分で動かせない関節を動かしてもらう他動運動の2種類があります。

坐骨神経痛と呼ばれる症状においては、治療の初期から手術に踏み切るという例は大方見られず、薬あるいは神経ブロックでいい方向に行かなかったとか、膀胱直腸障害が出ている際に前向きに考えられます。

病院や診療所などで医学的な治療をした後は、日常生活で猫背のような悪い姿勢を正したり腰や下肢の筋肉を鍛えたりという努力をしないと、発症してしまった椎間板ヘルニアにまつわる問題は解消することはありません。

従来より「肩こりが治る」という事で知られている天柱などのツボやマッサージなどもいろいろありますので、少しでも肩こりが解消するように、ともあれ自身で取り入れてみるのも悪くないでしょう。

悪化する前の外反母趾に心を痛めつつ、結果として治療そのものに関してギブアップ状態にあるという方は、ひとまずぐずぐずしていないで状況が許す限り最も早期に専門の病院や診療所などで医師の診断を受けるべきです。

お尻や足への放散痛がある坐骨神経痛の原因が何であるかが明白な場合は、原因となっている要素を取り去ってやることが元からの治療という事になりますが、原因が明らかでない場合や、原因がわかっていても取り除くのが難しいというような場合は、症状に対応した対症療法を施します。

腰痛と言ってもいろいろあり、おのおの発症に至った原因も症状の出方も違うのが当たり前なので、各自の原因と特徴的な症状をちゃんと見極めた上で、治療の方法を決めずにいくのはリスクが高いといえます。

頚椎ヘルニアになると見られる手の麻痺といったものとか首の痛みにおいて、整形外科の治療にかけたのにまるで快復出来なかった人見逃さないでください。この手法で、様々な患者さんが改善することができています。

病院での医学的根拠に基づいた治療ばかりでなく、鍼を利用した治療によってもいつもの歩くことすら大変な坐骨神経痛の耐え難い痛みが軽くなるのであれば、1回くらいはトライしてみるのもおすすめです。

疾患や加齢によって猫のように背中が丸まり一般的に言われる猫背の状況になると約5kgと言われる重い頭が肩より前へ出てしまうため、食い止めるために、首への負担が常態的となり、慢性疲労を起こして一向によくならない首の痛みを知覚するようになります。

鍼を刺す治療が禁止されている女性の坐骨神経痛として、妊娠時にお腹の赤ちゃんが神経に影響を与えたことが要因となって引き起こされるものがあり、そんな状態になっている所に鍼を打つなどすると、流産してしまうケースも少なくないのです。

腰痛を発症したら「痛いところを温めるべき?」「冷やすと痛みが和らぐ?」「前触れなく発症した際の対処法については?」など初心者向けの疑問や、一般的な質問はもちろん、最適な医療機関の選び方など、実用的な知識をお知らせしています。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る