姿勢の悪さや重すぎる体重!

2015年7月23日 | コラム

頚椎ヘルニアと診断された場合で、その病状が上腕まで到達する痛みが主であるという方は、手術を行なわず、あまり聞いたことがないでしょうが保存的療法と称されている治療法を実施することを前提とします。

頚椎ヘルニアの場合は、手術であったり薬であったり、整体という様な治療法を用いても、結果は出ないと意見する人もいらっしゃいます。しかしながら、現実的に良化したという方もそこかしこで見られます。

膝に鈍い痛みが出てしまう要因によって、どのように治療するかは自ずと違ってくるものですが、姿勢の悪さや重すぎる体重、ライフスタイルがなかなか治らない膝の痛みを招いているという状況も往々にして見受けられます。

深刻な外反母趾を治療する時に、保存療法を施しても痛いままか、変形が思いのほかひどいレベルで市販の靴でも違和感があるという人には、終いには手術治療をするという手順になります。

首の痛みばかりでなく、手足の感覚障害などを感じる場合は、頚椎部に命を危機にさらすいくつかのトラブルが現れている可能性が指摘されるので、気をつけてください。

背中痛や腰痛となると、こらえきれないような痛みやド~ンという様な痛み、痛みを発している場所や特に我慢できないのはどんな時かなど、クランケ本人だけが明白になっている症状がほとんどなので、診断も容易くはないのです。

頚椎が加齢などにより変形すると、首の痛みをはじめ、肩や肩甲骨周辺の痛みや手に力が入らないという症状、もしくは脚の感覚異常によると考えられる痙性の歩行障害、挙句に排尿障害まで発生する例もあります。

全身麻酔への恐怖や出血、長期にわたるリハビリや後遺症への恐怖といった、昔からの手術法に対するトラブルをしっかり解決したのが、レーザーを利用したPLDD法という術式による新しい椎間板ヘルニア治療です。

外反母趾の効果的な治療法である運動療法というものには元来その関節を動かすことになっている筋肉で自分 の意思で筋肉を動かす自動運動と、その部分以外の関節とは無関係の筋肉や、器具、理学療法士や作業療法士のような専門家等、別の人の力を用いて関節を動かしてもらう他動運動の二つが損際しています。

背中痛以外でも、典型的な検査で異常が発見できない状況だが、痛みが存在する場合は、線維筋痛症などが痛みの元だということで、ペインクリニックで治療を進めてみることを推奨します。

妊娠時に発症する軽度の坐骨神経痛は、出産によって骨盤の中の神経を圧迫していたものが消えたことになるのですから、疼痛もいつしか元に戻るため、医師による治療はしなくてもいいのです。

頑固な膝の痛みによく効くコンドロイチンという物質は軟骨、結合組織、粘液に含まれるムコ多糖類の一種で、十分な栄養と水分を細胞にもたらす役目を持っていますが、体内のコンドロイチン量は年齢を重ねるにつれて大幅に減ってきます。

長らくの間、年数を費やして高度な治療を受けたり、何日か入院して手術するという事になってしまえば、多額のお金が必要ですが、このような心配事は腰痛になった人だけにふりかかってくることではないというのは周知の事実です。

近年の技術では、骨を切るという手術をしたにもかかわらず、入院の必要がない日帰り手術(DLMO手術)も生み出されており、外反母趾治療を行う際の可能性の一つに挙げられ利用されています。

当治療院の実績を言うと、8割程度の方が鍼灸治療を使うことによって、頚椎ヘルニアがもたらす腕部の麻痺であったり煩わしい首の痛みを恢復させています。都合を付けて、治療を受けてみる価値はあると思いますよ。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る