腰痛にまつわる医療技術!

2015年8月19日 | コラム

病気に罹ったり老化したりすることで背中が弧を描いて前かがみになり猫背の形になると、人間の身体の部位で一番重い頭部が前方につき出るため、しっかり支えるために、首の筋肉に四六時中負荷がかかり、消耗して慢性的な首の痛みに襲われることになります。

一言に首の痛みといっても原因も症状もまちまちで、個々の症状にマッチした対策の仕方が間違いなくありますから、あなたを悩ませている首の痛みがどこが悪くて起きたものなのか見定めて、適切な対策をとりましょう。

悲鳴を我慢することが無理なほどの背中痛になってしまう誘因として、脊柱側弯症とか骨盤の歪み、背骨のゆがみ等々が推測されます。専門医に足を運んで、確信できる診断を受けるようにしてください。

マラソンやジョギングをすることによって厄介な膝の痛みが生じる広く知られた疾患は、膝の内側の痛みが特徴的な「鵞足炎」膝の外側に痛みが発生する「腸脛靭帯炎」というものがあり、この2つはランナー膝と呼ばれる膝のスポーツ障害です。

我慢できないほどの痛みを伴う腰痛が起こる要因と治療方法がわかれば、合っているものとそうとは言い難いもの、欠かすことができないものとそうではないと思われるものがわかるかもしれません。

スマートフォンやPCが原因となる眼精疲労によって、肩こりや頭痛のような症状になるケースもよく見られるので、厄介な眼精疲労をしっかりと治して、慢性化した肩こりも吐き気のある頭痛も100パーセント解消しませんか。

負担を与えない姿勢をしていても生じる強い首の痛みや、少しの刺激でも強い痛みが起こる場合に懸念される病気は、「がんの転移」や感染症脊髄炎などの感染症です。なるべく急いで病院へ行き担当医の診察を受けましょう。

しつこい膝の痛みは、ほどよい休みを入れずに負荷の多い運動や練習を継続したことが原因の「膝のオーバーユース」や、予測できないアクシデントや事故などによる思いがけない身体のダメージによってでるケースがあります。

俗にバックペインなんて言い表される背中痛なんですが、老化というよりは、腰痛はたまた肩こりが要因となって背面を構成する筋肉のつき方がアンバランスの状態であったり、筋機能が落ち込んだ状態だと生じるものだと聞きました。

治療技術は山ほど知られていますから、慎重に吟味することが何よりも大切なことですし、自身の腰痛の病状に適していない場合は、打ち切ることも検討しなければなりません。

外反母趾の効果的な治療法である運動療法という筋肉を鍛える療法においてポイントとなるのは、第一趾の付け根の関節が15度以上曲がった状態で固定されてしまうのを押しとどめること、更に足指を動かす時に重要な母趾外転筋の筋力向上です。

病院で頚椎ヘルニアで間違いないと診断されましたが、迅速に苦痛を無くすには、「どこに行って治療を依頼すれば良いのか見当が付かない」と躊躇している人は、出来るだけ早くお訪ねください。

腰痛にまつわる医療技術が進歩するに従い、日本人の国民病とも言われる腰痛の治療手段もこの10年前後で見違えるほど進化したので、もう治らないと思っていた人も、試しに病院や診療所に行ってみてください。

我が病院の過去の実績を鑑みると、8割程度の方が鍼灸治療を効果的にやることで、頚椎ヘルニアが原因の腕部のしびれを始め面倒な首の痛みを解消させております。とにかく、診察を受けてみてはどうでしょうか?

外反母趾の治療の際に、まずもってしなければならないのは、足に対応した外反母趾専用インソールを仕立ててもらうことで、それが功を奏して手術を選択しなくても症状が改善する有益なケースはふんだんにあります。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る