眼精疲労のせいで、肩こり・・・。

2015年8月20日 | コラム

首の痛みをなくすために上部頸椎の歪みを矯正するのではなく、脳によって出される命令を身体中に神経伝達物質を介して的確に伝えるために歪みを矯正するのであって、そのおかげで夜も眠れないくらいの首筋のこりや一向によくならない首の痛みが回復するのです。

外反母趾の治療を目的として、手を用いる体操も、ゴムバンドを使用するホーマン体操も、自分の筋力で行うものではありますが、外からの力を使った他動運動ということになるので更なる筋力アップになるわけではないということをしっかり認識しておかなければいけません。

病院等の医療機関による専門的治療は、坐骨神経痛が発生した要因や症状によってそれらを楽にするための対症療法を行うことが基本的な流れですが、肝心なのは、日常的に痛みのある場所に配慮することです。

他人に言うことなく耐え忍んでいても、今の背中痛が消え失せるなんてことは思えません。今直ぐにでも痛みから逃れたいなら、積極的に相談に来てください。

首の痛みばかりでなく、手足に力が入らないという症状などが見られるのであれば、頚椎周辺に命を脅かすいくつかの不調が見られることも否めないので、慎重を要します。

背中痛につきまして、その辺にある専門医に頼んでも、要因がわからないのなら、整体とか鍼灸院といった東洋医学によって治療を進行させることも良いかもしれません。

ズキズキとした膝の痛みは、しかるべき休憩を入れずに過剰な運動を長々と続けたことが原因の膝の使い傷みや、予測できないアクシデントや事故などによる偶発的な身体の故障で発現する場合が見られます。

ランニングやジョギングなどのスポーツによって頑固な膝の痛みが発生する代表格の疾病は、運動時にひざの内側に痛みが出る「鵞足炎」膝の外側の腸脛靱帯が炎症を起こす「腸脛靭帯炎」の2つの疾患があり、これらの疾病はランナー膝という膝周りのランニング障害です。

外反母趾の治療方法である運動療法という方法には、端からその関節を動かす役割の筋肉を用いて関節を動かせる範囲内で自分で動かす自動運動と、関節とは無関係の筋肉や、専門の運動機器、理学療法士のような専門家等、他者の力を借りて自分で動かしにくい関節を動かす他動運動が認知されています。

思い至る誘因の一つの、がんなどの腫瘍によりお尻や足が痛む坐骨神経痛を発症したケースでは、痛みの程度が随分強く、保存療法を施すだけではいい結果は得られないという問題点があります。

うずくような膝の痛みに作用するコンドロイチンという名の成分は酸性ムコ多糖類の一種で、水分や栄養素を各細胞に送り届ける用途を有しますが、身体の中に存在するコンドロイチンは老化と共に衰退し不足してしまいます。

外反母趾の治療の際に、真っ先にやった方がいいことは、足にフィットするような適切な中敷きを手に入れることで、その効能で手術療法まで行かなくてもよくなる有用な例はごまんとあります。

スマホやPCの使用による眼精疲労のせいで、肩こりや頭痛のような厄介な症状になる状況もよくあるので、酷い眼精疲労をちゃんと回復して、長年悩まされてきた肩こりも激しい頭痛も根本的に解消してしまいませんか。

医療機関で受ける専門的な治療ばかりでなく、鍼治療の効果でも常態化した深刻な坐骨神経痛の激しい痛みが軽くなるのであれば、1回くらいは受けてみてはどうかと思います。

腰部の神経根圧迫から起こる坐骨神経痛の主な要因が判明している場合は、それ自体を取りのけることが完治のための治療となるわけですが、原因が特定できない時や、原因を取り除くことができない事情がある場合は、対症療法を用います。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る