重度の腰痛がでる要因と治療方法!

2015年8月21日 | コラム

重度の腰痛がでる要因と治療方法を知っておけば、妥当なものとそれ以外のもの、絶対に要るものとそうとは言い難いものが明らかになるに違いありません。

頚椎ヘルニアについては、投薬や外科手術、整体院で施術されている治療法にトライしても、完治することは考えられないと言われる方もいるのは事実です。その一方で、確実に改善したという患者さんも少なくないようです。

つらい首の痛みが発生する原因は、普段から負荷がかかっている状態の肩や首の筋肉に蓄積した疲労のために血の流れの悪化が生じ、筋肉内部に必要以上にたまった老廃物や有害な物質だというケースが大部分だという事です。

外反母趾の手術治療は18世紀後半あたりから行われるようになった一般的な治療方法で、ここにくるまでに種々の技法が記録されており、全体では嘘みたいですが100種類以上もあるということです。

痺れを伴う頚椎ヘルニアに罹っている人が、整体を利用した方が良いかどうかは、考えがわかれますが、治療が予定通り行われた後の機能改善や再度発症しないようにするためには、賢い選択であると考えます。

テーピングを用いた矯正は、深刻な外反母趾を手術せずに治す極々有効な治療方法と言え、数万件に至る臨床からも「確立された保存的療法」という事は間違いないと考えます。

坐骨神経痛については、治療の初期から手術が実施されるということは実際はなく、投薬治療もしくは神経ブロックで有効な結果が得られなかったとか、膀胱直腸障害が認められる状況において改めて検討をします。

肩こり解消ができる小物には、いつでもストレッチできるように考えて作られている製品を筆頭に、患部を温めて冷えを解消できるように工夫されている実用性に優れたものまで、たくさんの種類があって目移りするほどです。

頚椎に変形が発生すると、首の痛み以外にも、肩の周囲の痛みや手の感覚障害、若しくは脚のしびれからくる著しい歩行障害、おまけに排尿の障害までも起こす事例も見られます。

うずくような膝の痛みに効果抜群のコンドロイチンと名のついた化学物質は「ムコ多糖類」と呼ばれるものの一種で、十分な栄養と水分を細胞に供給する機能を持っていますが、全身のあらゆる組織に存在するコンドロイチンは歳をとるごとに減っていきます。

椎間板ヘルニアによる炎症を表に出ないようにしているというのが実情なので、治療後をした後も前かがみの体勢をとったり重量の大きいものを持ち運ぼうとすると、特有の症状が繰り返されることもありえるので気をつけてください。

現在は、骨を切ったりするようなことをしたにもかかわらず、その日のうちに帰宅できるDLMO手術というものもあり、外反母趾治療における選択材料の一つということで盛んに取り入れられています。

外反母趾の効果的な治療法である手術の方式は様々なものがありますが、極めて一般的なものは、第1中足骨を骨頭基部で骨切りし親指の向きを治す手法で、足指の形がどれくらい変わっているかにより合った方法を選択して実施しています。

医学的知識が向上するにつれて、原因の特定が難しい腰痛の治療の仕方もここ10年ほどで信じられないくらい進化したので、受け入れるしかないと思っていた人も、何としてでも病院や診療所に行ってみてください。

かなり前の時代から「肩こりが楽になる」と伝承されている肩井や風池などのツボやいいマッサージなども存在しますから、肩こり解消を目標に、とりあえずは手近なところで挑戦してみてはいかがでしょうか。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る