足の痺れが伴う坐骨神経痛!

2015年9月1日 | コラム

足のしびれや強い痛みを伴なう坐骨神経痛の治療を実施するにあたり、腰を牽引器で引っぱる治療に頼る整形外科も結構多いですが、その治療技術はむしろ筋肉を硬くする方向へ行くかもしれないので、行わない方が安全です。

首の痛みのみならず、手とか足に力が入りにくいなどの症状があるのなら、頭を支えるための骨である頚椎に命を脅かす色々な事態が引き起こされていることもありえるので、慎重を要します。

腰の疾患でよく耳にする腰椎椎間板ヘルニアの多彩な治療方法の中で、鍼灸やカイロ等の代替医療によって患部の周りに圧力がかかってしまい、ヘルニアがさらに酷くなったというケースも少なくないので、留意してください。

声を上げずにいることが難しいほどの背中痛に陥る主因として、側湾症とか骨盤の湾曲、背骨のゆがみ等々が想定可能です医療機関にお願いして、納得できる診断を受けるようにしてください。

歳を重ねるほど、抱える人が増加していく根深い膝の痛みを誘発する原因のほとんどは、すり減って薄くなったり消滅してしまったりした膝軟骨によると思われますが、ひとたび磨滅してしまった軟骨は、もう二度と復活することはありません。

頚椎ヘルニアの治療法として効果があるとされる保存的療法という範疇には、マッサージで知られている理学的療法であったり、頚椎牽引療法と呼ばれるものが見られます。自身に適合するものを選ばなければいけません。

ランナー膝と呼ばれるスポーツ障害は、長時間のジョギングやランニング等長すぎる距離を走行することで、膝部周辺に過度の力を負わせることが要因で出てくるやっかいな膝の痛みです。

外反母趾の治療を目的として、手指による体操も、幅広のゴムバンドを用いて行うホーマン体操も、自分の力で実施するのですが、他の力を利用することで動かす他動運動になるので効率的な筋力強化の効果はないという事はわかっておきましょう。

医師による専門的治療ばかりでなく、鍼を利用した治療によっても日頃の歩くことすら大変な坐骨神経痛の痛みなどの症状が僅かでも良くなるのであれば、まずは導入してみるのも悪くないと思います。

坐骨神経痛への対応としては、治療の当初から手術療法になるということは実際はなく、投薬治療もしくは神経ブロックで効かなかったとか、尿失禁などの膀胱直腸障害があるケースにおいて選択肢の一つになります。

日本人の80%が持っているといわれる肩こりは、引き起こされる誘因も解消する方法もとても多様で、病院や診療所のような医療機関での医学的に検証された治療、整体やマッサージなどの民間療法、食事や生活様式の見直し、ストレッチングなどが主なところです。

外反母趾の治療方法である筋肉を運動させる運動療法には、元来その関節を動かす筋肉を利用して自分の意思や筋力で関節を動かす自動運動と、それ以外の部分の筋肉や専門の機器、理学療法士等、外力を用いて関節可動域を維持するために動かす他動運動が実在します。

長時間に及ぶマラソンなどによってズキズキとした膝の痛みが生じる典型的な病気としては、膝の内側の痛みが特徴的な「鵞足炎」膝の外側が痛む「腸脛靭帯炎」がまず挙げられ、これらの異常はランナーズニーという膝周辺に発生するスポーツ障害です。

様々な辛い症状が現れる椎間板ヘルニアを薬剤を用いて治療する場合、鎮静剤等多種多様な薬剤が用いられますが、病院や診療所のような医療機関で表に出ている症状をきっちり確かめてもらうことを第一に考えてください。

治療のノウハウは様々なものが知られていますから、注意深く確かめてから選ぶことを怠るべきではないですし、自分の腰痛の状況にふさわしくないと思ったら、やめることも検討しなければなりません。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る