坐骨神経痛の治療技術!

2015年9月15日 | コラム

現在は、TVショッピングやネット上の様々なサイト等で「厄介な膝の痛みが改善します」とその効能を訴求しているサプリは星の数ほど目にすることができます。

親指が変形してしまう外反母趾に悩み苦しみながら、結論として治療することを諦めてしまっている状態の方は、ともあれぐずぐずしていないで可能な限り一番近い時期に専門医のいる医療機関を受診するようにしましょう。

麻酔や出血、長いリハビリや懸念される後遺症といった、以前からの手術法への問題を解決へ導いたのが、レーザー光線を用いたPLDD法による椎間板ヘルニアの安全な治療法です。

気分が落ち込むほど陰気臭く悩むことはしないで、ストレス解消のためにも温泉地を訪問して、ゆっくり過ごしたりすることが好結果を招いて、背中痛から解放されてしまう人もいらっしゃるとのことです。

手術などは行わない保存療法には、物理的エネルギーにて治療する物理療法、鎮痛剤や鎮静剤等を利用する薬物療法等があり、患者さん個人個人により色々な椎間板ヘルニアの気になる症状に応じて治療技術をプラスして実行していくのが一般的だと思われます。

ズキズキとした膝の痛みに高い効果を示すコンドロイチンという近頃よく見かける成分は「ムコ多糖類」と呼ばれるものの一種で、血液から栄養素などを細胞に運ぶ役割を担いますが、体内のコンドロイチンは歳をとることで著しく減ってしまいます。

吃驚するかもしれませんが、本当のところ坐骨神経痛のために作られた治療薬などというものは存在しておらず、治療薬として使われるのは痛みを和らげるロキソニンやボルタレンのような鎮痛剤や即効性があると言われるブロック注射のような対症療法とほぼ同じと言える薬しかないのです。

老化が進むにつれて、悩み苦しむ人がうなぎ上りに増加するたちの悪い膝の痛みの原因は大抵、すり減って薄くなったり消滅してしまったりした膝軟骨に起因するものですが、一度磨滅してしまった軟骨は、決して復活することはありません。

我が病院の過去の実績を鑑みると、大半の患者さんが鍼灸治療を定期的に施すことで、頚椎ヘルニアが要因の腕部の麻痺であったりなかなか治らなかった首の痛みを元の状態に戻しています。とにかく、来院してみると良いですよ。

臀部から足にかけて激痛が走ったりする椎間板ヘルニアを薬物療法で治療する場合、鎮静剤・筋弛緩薬等多様な薬剤が使用されますが、病院や診療所のような医療機関で表に出ている症状をきちんと診てもらうべきです。

一口に腰痛と言っても、人それぞれ誘因も症状の出方も全く異なりますので、それぞれの個人的な要因と病状を正確に判断した上で、どのように治療を進めていくかを決断していくようにしないのはリスクが高いといえます。

頚椎ヘルニアの場合は、手術であったり薬であったり、整体という様な治療法を実践してみても、結果は出ないと断言する方も多いです。とは言っても、実際的に快方に向かったという患者様も沢山います。

本腰を入れて腰痛の治療に着手するのなら、色々な治療の方法の強みと弱みをしっかり把握して、今の時点での痛みの具合に対しなるべくマッチしたものをチョイスしましょう。

色々な原因の中で、腫瘍によって腰部の神経根が圧迫され坐骨神経痛になった場合は、痛みの度合いが非常にきつくなり、手術を行わない保存的な療法では効果は期待できないという問題点があります。

整形外科で専門的な治療をした後は、日常生活で悪い姿勢を正すように努力したり腰の筋肉を補強したりという事を意識して行わないと、1回発症した椎間板ヘルニアに関しての問題はいつまでもなくなりません。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る