腰痛は種々の原因により・・・。

2015年9月15日 | コラム

長期化した首の痛みのおおもとの原因は、首部分や肩部分の筋肉に疲労がたまったことで深刻な血行不良が引き起こされることとなり、筋肉内に滞った色々な疲労物質だというケースが最も多いと聞きます。

あなたは、「膝周りがうずくように痛い」と感じた記憶はありますか?だいたい1回程度は記憶にあるのではないかと思います。確かに、頑固な膝の痛みに参っている人はことのほかたくさんいるのです。

頚椎ヘルニアが引き金となる腕部のしびれを始め首の痛みについて、整形外科で治療をしてもらったにも拘らずひとつも快復出来なかった人見逃さないでください。この手法で、重症だった患者さんが悦びの声をあげています。

鍼を使った治療はいけないとされている女性の坐骨神経痛として、妊娠中のためお腹の中の胎児が骨盤内にある坐骨神経を圧迫することで発生するものがあり、その場合に鍼を打つと、赤ちゃんが流れてしまう可能性が高くなります。

坐骨神経が圧迫されることによって起こる坐骨神経痛を治療するにあたって、けん引という治療を実施する医療機関も結構多いですが、その種の治療法は逆に筋肉を硬直させるケースもあるため、やめた方が賢明だと言えます。

負荷のかからない姿勢で動かないようにしていても、耐え難い、激痛や強い痺れが三日以上続くとなると、病院の専門医の坐骨神経痛の診察並びに症状に即した治療が大切で、鍼灸院などで鍼を打ってもらったりするのは危険と言って良いでしょう。

不思議に思う人も多いかもしれませんが、実際のところ坐骨神経痛のために開発された治療薬はなく、利用されているのは痛み止めの効果があるロキソニン等の鎮痛剤やブロック注射のような対症療法を思わせる薬剤です。

外反母趾治療の際の運動療法という筋肉を動かす療法で一番肝心なことは、母趾の付け根部分にある関節が「くの字」に曲がった状態で固まったままになってしまうのをうまく回避すること、更に足の親指を動かす際に使う筋肉である母趾外転筋の筋力向上です。

現代病ともいえる腰痛は種々の原因により生じるので、診療する医師は丁寧な問診と診察、レントゲンやMRI等の症状に対応した画像を用いた検査に基づき、腰痛の出現にいたったおおもとの原因に合わせた治療の構成を決定します。

皆さんよく御存じのことですが、インターネットのサイトでは腰痛治療についての健康情報サイトも山ほどあるので、自分にしっくりくる治療技術や整形外科などの医療機関または整骨院をピックアップすることも朝飯前です。

深刻なレベルの腰痛が引き起こされる誘因と治療方法の詳細を理解すれば、確実なものとそうでないと考えられるもの、重要なものとそうは言いきれないものが見分けられることでしょう。

専門医のいる病院における専門的な治療は、坐骨神経痛を引き起こした要因や症状の度合いに応じてそれらを和らげるための対症療法を施すことが一般的ですが、一番大切なことは、常日頃痛みのある場所にちゃんと気を配ることです。

膝部周辺に疼痛が発生している要因がどういったものであるかによって、治療はどのように進めるかは異なってきますが、姿勢や太り過ぎ、良くない生活習慣がなかなか治らない膝の痛みを生じさせることもちょくちょく見受けられます。

首の痛みを筆頭に、手や足がしびれたり麻痺したりするなどが発生しているのであれば、頚椎部に命を脅かす大変な弊害が持ち上がっている可能性が高いので、慎重に判断してください。

背中痛以外でも、いつも実施されている検査で異常が発見できないというのに、痛みに悩まされている場合は、線維筋痛症などが疑われることが多く、ペインクリニックで治療を進めてみることも効果的だと言われます。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る