妊娠時の坐骨神経痛!

2015年9月20日 | コラム

病院での医学的根拠に基づいた治療以外にも、鍼治療を受けることでも日頃の苦しい坐骨神経痛のしびれや痛みが楽になるのであれば、まずは経験してみたらいいのではないかと思います。

腰の疾患でよく耳にする腰椎椎間板ヘルニアの数多くの治療手段の中で、鍼灸マッサージ、カイロ等のよくある療法で患部を強く圧迫したために、ヘルニアが良くなるどころか悪化したという場合もよく耳にするので、気をつけた方がいいです。

頚椎ヘルニアと診断された場合で、その症状が腕に対しての放散痛が目立つ際には、手術を実施せず、俗にいう保存的療法と称される治療法を実施することが通例です。

病院で医学的な治療をした後は、日常の動作で正しくない姿勢を直したり圧がかかりやすい腰の筋肉をしっかりつけたりなどと言うことを続けないと、症状が進行する椎間板ヘルニアの苦しみは解消することはありません。

長いこと悩み苦しんだ肩こりが完全に解消した大きな理由は、どんなことよりもインターネットによって自分にしっくりくる信頼できる整骨院に遭遇する機会があったという事です。

坐骨神経痛に関しては、治療をスタートした時点で手術に踏み切るというケースはあまり見られず、投薬あるいは神経ブロックで効き目が感じられないとか尿失禁などの膀胱直腸障害が発生している際にどうするか考えることになります。

長期間悩まされている背中痛ではありますが、どんな専門医に足を運んでチェックしても、原因も治療法も納得できるものがなく、整体治療に取り組もうかと考えています。

鍼によって行う治療が禁じられている坐骨神経痛の一つに、妊娠時に日々大きくなっていく胎児に坐骨神経が圧迫されるために生じるものがあり、そんな状態のところに鍼を刺すと、流産を起こすことも考えられます。

保存療法という治療法には、温熱や光線などを用いた物理療法、鎮痛剤等の薬物を使う薬物療法等があり、各患者さんによって出方が違う椎間板ヘルニアの現れている症状に応じて治療テクニックをミックスして実行するのが一般的だと思われます。

頚椎ヘルニアの治療法の中の1つである保存的療法という範疇には、マッサージ等々の理学的療法とか、頚椎牽引療法等々が存在します。あなたに合うものをセレクトしなければ、望ましい結果に結び付きません。

首の痛みのみならず、手足に力が入らないという症状などが見られるのであれば、頚椎(首の骨)に生き死に関わる緊急の健康上の問題が見られることも否めないので、用心してください。

大勢の人を悩ませている腰痛対策に関して、整形外科などの医療機関で最新機器や新薬を導入した治療から怪しげな民間療法まで、非常に多彩なノウハウが認知されています。

外反母趾の効果的な治療法である運動療法という筋肉を鍛える療法において大切にすべきことは、第一趾の付け根の関節が人差し指の方向へ曲がった状態で固定されてしまうのを押しとどめること、それと足指を開くときに使う筋肉である母趾外転筋の筋力を強化することです。

非常に恐ろしい病気である頚椎ヘルニアになってしまっても、正当な診断を早い時期に受けて迅速に治療を開始した人は、それから先の深刻な症状に苦しめられることなくのんびりと日々を過ごしています。

背中痛で悩んでいて、近くの医院に行っても、誘因が明確にならないのなら、鍼灸院はたまた整体等々の東洋医学にお願いして治療するようにするのもひとつの選択肢です。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る