肩こりだと背中の筋肉が・・・。

2015年9月26日 | コラム

頻繁にバックペインなんていうふうにもコールされる背中痛といいますのは、高齢化が直接の原因というのみならず、腰痛であったり肩こりに端を発して背中側の筋肉のつき方がアンバランスになっていたり、筋肉そのものの状態が悪いと発生すると教えられました。

背中痛のみならず、平均的に行なわれている検査で異常が発見できないのに、痛みを我慢しているといった時は、線維筋痛症などが痛みの元だということで、ペインクリニックで治療を続けてみることがほとんどです。

首の痛みをはじめ、手や足がしびれて動かしにくいなどという症状が起こっている場合、頚椎と呼ばれている背骨の首の骨の部分に生きるか死ぬかの恐ろしい弊害が生じている可能性が指摘されるので、注意しなければなりません。

外反母趾が進行するにつれ、足指の変形や歩く際の痛みがかなり強くなることから、治療は不可能と錯覚してしまう人が存在しますが、治療により間違いなく快方に向かうので安心してください。

外反母趾への手術の実施は一般市民が靴を常用する ようになった18世紀後半から行われるようになった治療技術で、今までに多様なノウハウが記録されており、それらは症状に応じて100種類以上もあるということです。

腰痛を訴えることの多い椎間板ヘルニアを治療する時の目標は、逸脱してしまったヘルニアを本来あるべき場所に戻すことではあり得ず、その場所に生じた炎症を無くすることだと記憶にとどめておいてください。

ここのところPCの爆発的な普及により、酷い首の痛みに閉口している人がすごい勢いで増えていますが何よりも大きな原因は、同一姿勢を長時間にわたってやり続けることに起因します。

外反母趾の効果的な治療法である手術療法のやり方は多種多様ですが、最もポピュラーなのは、第1中足骨を骨頭基部で骨切りし角度を矯正する方法で、変形の度合いにより合った方法を膨大な中から選んで施術するのが基本です。

妊娠によって現れる妊婦特有の坐骨神経痛は、出産による妊娠期間の終了によって骨盤の中の神経を圧迫していたものが取り除かれることになりますから、辛かった痛みもひとりでに完治するはずなので、医師による高度な治療をする必要は全くありせん。

立っていられないほどの腰痛の誘因と治療の仕方をちゃんと捉えていれば、適しているものとそうではなさそうなもの、絶対に要るものとそうとは違うものが見定められる可能性があります。

外反母趾の治療をするための筋肉を運動させる運動療法には、最初からその関節を動かす役割の筋肉を使って自身の筋力で関節を動かす自動運動と、関節とは無関係の筋肉や、運動機器、理学療法士等、他の力を利用することで自分で動かせない関節を動かしてもらう他動運動が広く認められています。

足指が変形していく外反母趾の治療を行うにあたって、保存療法を実施しても痛みを感じるか、変形が思いのほかひどいレベルで標準的な靴が履けないという人には、結局は手術による治療を行うということになってしまいます。

思い至る誘因のうち、腫瘍の影響で坐骨神経が圧迫されることにより坐骨神経痛が出た状況では、眠れないほどの痛みが激しく、手術を行わない保存的な療法では効果がないのが大きな特徴であると言えます。

お尻や足への放散痛がある坐骨神経痛の治療にあたり、牽引療法を選ぶ医療機関もかなりあるようですが、その類の治療は筋肉を硬くする恐れが少なからずあるので、候補からは外した方が賢明です。

悪化すると恐ろしい病である頚椎ヘルニアを発症してしまっても、医師による診断を早い時期に受けて治療に取り組んだ人は治療後にきつい症状に苦慮することなくのどかに毎日を過ごしています。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る