姿勢と太り過ぎ!

2015年9月29日 | コラム

膝周りに疼痛が発生している主な要因によって、どういう治療方針で行くかはおのずと変わるものですが、姿勢や太り過ぎ、良くない生活習慣が頑固な膝の痛みを発生させているケースも広く見かけます。

にわかには信じがたいことですが、ロキソニンやボルタレンのような鎮痛剤の効果が得られず、長い間悩み続けた腰痛が、整体法で治療することで著しく回復した事例が現実にあるのです。

頚椎にある腫瘍に脊髄や出入りする神経根が圧迫された状態でも、首の痛みが出るので、首を動かさない状態でいつまでも痛みが続くのなら、速やかに精密検査を受けて、ちゃんとした治療を受けるべきです。

進行すると痛みで生活に支障をきたすほどという頚椎ヘルニアに罹患してしまったとしても、専門医による診断を速やかに受けて治療し始めた人は、その先の怖い症状に苦しむことなく和やかに暮らしています。

腰痛に関する知識の飛躍的な発展のおかげで、慢性的な腰痛の治療手段も10年前から考えると驚くほど変化を遂げてきたので、あきらめの境地に達してしまった人も、もう一度病院へ行ってみてください。

背中痛や腰痛の場合は、飛び上がらんばかりの痛みやド~ンという様な痛み、痛みを生じている部位やどれくらい痛みが頻発しているのかなど、患者自身だけしかはっきりしない病状が大概なので、診断が簡単には行かないのです。

身体を横にして休養していても、こらえきれない、過酷な痛みやしびれが三日以上続くとなると、医療機関においての坐骨神経痛の診察と適切な治療を受けた方がよく、整体を受けたり鍼を打ったりするのは非常にリスクの高い行為です。

医療機関で治療を受けつつ、膝を守ることを目的として自分に合った膝サポーターを使うようにすれば、膝関節への負担がすごく減ることになるので、うずくような膝の痛みが早々に快方に向かいます。

麻酔や大量の出血への恐怖、延々としなければならないリハビリや後遺症への恐怖といった、昔からの手術方法に関連した心配事を乗り越えたのが、レーザー光線を使用したPLDD法という術式による椎間板ヘルニアの安全な治療法です。

自分の体調を自分でわかって、ギリギリのところを逸脱しないように未然に防ぐという心掛けは、自分だけに可能な慢性的な椎間板ヘルニアを回復させるための治療方法の一つなのです。

お尻や足への放散痛がある坐骨神経痛の主な要因がはっきりわかっている状況であれば、それに関連するものを取り払うことが本格的な治療に直結しますが、何が原因か定かではないという場合や、原因を取り除くことができない事情がある場合は、表面的な症状の緩和を行う対症療法を行います。

誰しも一生に一度は経験すると言われている腰痛は色々な誘因によって引き起こされるので、診療所などでは詳細な問診と診察、レントゲンやMRIなどの画像情報による検査を行い、腰痛を引き起こす要因を改善するための治療をいくつか並行して行います。

首の痛みは誘因もその症状も千差万別で、各症状に適した対応の仕方が知られているはずですから、自身の首の痛みがどのような経緯で発生したのか分かった上で、適切な処置をしましょう。

椎間板ヘルニアによる炎症を抑制しているのが実際の状況ですので、治療実施後も前にかがんだり油断して重いものを運ぼうとすると、激しい痛みが戻ってしまう恐れがあるので気をつけた方がいいです。

保存療法という治療法で激しい痛みが改善しないことが明らかになった時や、痛みやしびれなどの症状の悪化または進行が確認される状態の時には、頚椎ヘルニアに対応した外科的な治療が行われることになります。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る