産後に発生する肩こり!

2015年10月3日 | コラム

頚椎が疲労や老化により変形すると、首の痛みの他に、肩の不快な痛みや手が動かしにくいという症状、または脚に力が入らないことに起因すると思われる歩行障害の症状、それに加えて排尿障害まで発生する症例もよくあります。

首の痛みと一口に言っても原因も症状も非常に多様であり、種々の状態にちゃんとあった方法が知られているはずですから、自分自身の首の痛みが何によって誘発されたのか判断した上で、妥当な対策をとりましょう。

病気や老化で背中が湾曲しいわゆる猫背になってしまうと、人間の身体の部位で一番重い頭部が前方へ傾いてしまうため、それを引っ張るために、首に常に負担がかかり、消耗して慢性的な首の痛みが起こってしまいます。

頚椎ヘルニアの場合は、外科的処理や投薬など、整体院で施術されている治療法を役立てようとしても、結果は出ないという考えの方もいます。だけれど、このお陰で快方に向かったという患者様も少なくないようです。

背中痛や腰痛となると、耐え切れないような痛みやのしかかる様な痛み、痛みの部位やどのくらいの頻度なのかなど、当の本人でしか感じられない症状がほとんどなので、診断を下すのもなかなか容易じゃないというわけです。

国民病の一つと言ってもいい肩こりは、症状が発生する原因もその解消の仕方も本当に多くの種類があり、病院や診療所での高度な治療、マッサージのような民間療法、食事や生活様式の見直し、自分でできるストレッチなどが有名です。

歳をとればとるほど、悩みを抱える人が増加する憂慮すべき膝の痛みを誘発する原因のほとんどは、摩擦により擦り切れた膝軟骨なのですが、一回摩耗してなくなってしまった軟骨は、決して作り直されることはありません。

肩こり解消のためのお助けグッズには、気持ちよくストレッチできるようにデザインされているものを筆頭に、患部を温めて冷えを解消できるように仕掛けがされている機能性に優れた製品まで、多種多様なものがあり、選択に迷うほどです。

東洋医学の鍼治療をしてはいけない女性特有の坐骨神経痛として妊娠によって赤ちゃんに神経が圧迫されて誘発されているものがあり、そんなところに鍼をすると、流産の誘因となるかもしれないのです。

うずくような膝の痛みに効き目を発揮するコンドロイチンという健康成分は「ムコ多糖類」と呼ばれるものの一種で、細胞に栄養分や水分を補給する用途を有しますが、人間の体の中にあるコンドロイチンは歳を取るにつれて衰退し不足してしまいます。

動かないようにして寝ていても発生する座っていられないほどの首の痛みや、ちょっと動いただけでも酷く痛む時に可能性がある病気は、「がんの転移」あるいは「感染症」です。急いで医療機関へ行って医師に診察してもらいましょう。

あり得ないと思われるかもしれませんが、鎮痛作用のある薬が気休め程度の効果しかなく、長年苦しめられてきた腰痛が、整体法を用いた治療でめざましく効果が得られたケースが報告されています。

膝に不快な痛みが出てしまう主な理由によって、どのように治療するかは異なってきますが、習慣的な猫背や重すぎる体重、ライフスタイルが慢性的な膝の痛みを引き起こしているという例も度々存在します。

変形性膝関節症という疾病は、膝の関節内にある骨や軟骨が摩耗して薄くなるかあるいはなくなったり、壊れやすくなって変形してしまったりする慢性病で、高年齢層にありがちな膝の痛みの主要な原因として、断トツでよく耳にする異常の一つと言っていいでしょう。

病状が悪化する前に腰痛治療に着手するのなら、種々の治療手段の良い面と悪い面を知った上で、現今の自分自身の症状に対しなるべく効果的なものを選ぶのがおすすめです。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る