頚椎ヘルニアの不安材料を正常化!

2015年10月8日 | コラム

様々な年齢層に見られる腰痛は、人それぞれ誘因も症状の出方も違ってきますから、各要因と現在の症状をきっちりと見極めてから、治療の進め方を決定しないというのはかなりリスキーです。

頑固な膝の痛みは、十分と言える休憩時間をとらずに過剰な運動をやり続けたことによる膝の過度の使い過ぎや、思わぬアクシデントなどによる偶発的な身体の故障で起こってしまうケースがあるので気をつけなければなりません。

当整体院における実績を見てみると、ほぼ90%の患者様が鍼灸治療を定期的に施すことで、頚椎ヘルニアが誘発する腕部のしびれを始め不安材料だった首の痛みを正常化させています。困っていらっしゃるなら、治療を受けてみることをおすすめします。

ぎっくり腰も同様ですが、動いている時やくしゃみが元凶となって生じる背中痛に関しては、靭帯だったり筋肉などに炎症が起きることで、痛みも発現しているのです。

病気になったり年を重ねたりすることによって背中が丸くなりいわゆる猫背になってしまうと、結構重い頭部が前の方に倒れる形になるため、それを支えようとして、首や肩の筋肉が張り、疲労がピークとなって耐え難い首の痛みにつながります。

レーザー手術を敢行した人たちの生の声を入れるようにして、身体にダメージを及ぼさないPLDDという今話題の治療法と頚椎ヘルニアの機序をご覧いただけます。

重度の腰痛になってしまう元凶と治療方法の詳しい内容を把握すれば、ふさわしいものとそうでないと考えられるもの、肝心なものとそうは言いきれないものが明白となるに違いありません。

腰の疾患でよく耳にする腰椎椎間板ヘルニアの多彩な治療方法の中で、鍼灸やマッサージ等の民間療法を受けることで背骨の周囲を強く圧迫したために、ヘルニアが良くなるどころか悪化したという実例もよく耳にするので、気をつけた方がいいです。

頚椎の変形が生じると、首の痛みを筆頭に、肩や肩甲骨の痛みや手や腕のしびれ、又は脚のしびれが原因となって生じる痙性の歩行障害、そして排尿障害まで引き起こす例も稀ではありません。

保存的療法には、温熱や光線などを用いた物理療法、鎮痛剤等の薬を用いて治療する薬物療法等があり、個人個人の患者さんによって変わる椎間板ヘルニアの各症状に対応させて複数の治療手段を組んで遂行するのがほとんどです。

女性に多い症状の一つである肩こりは、そうなる原因も解消テクニックもびっくりするほど多種多様で、病院などの医療機関での専門的知識に基づく治療、整体に代表される民間療法、食生活や生活習慣のチェック、ストレッチやエクササイズなど思い浮かびます。

背中痛を治したいのに、一般的な専門病院を受診しても、元凶が明確にならないのなら、整体や鍼灸院等々の東洋医学にお願いして治療に取り組むことも良いかもしれません。

マラソンやジョギングをすることによって頑固な膝の痛みが現れるよく知られた疾病としては、膝の鵞足部分に炎症が起こる「鵞足炎」膝の外側の腸脛靱帯が炎症を起こして痛みが出る「腸脛靭帯炎」の2つが挙げられ、この2つの病はランナーズニーと名付けられた膝周りのランニング障害です。

慢性的な首の痛みが発生する原因は、普段から負荷がかかっている状態の肩や首の筋肉が慢性疲労を起こしたことで血流障害が誘発され、筋肉に溜まった乳酸などの老廃物だというケースが大方であるということです。

長きにわたって、歳月をかけて専門的な治療をしてもらったり、手術を受けるとなると、少なからずお金を使わなくてはなりませんが、このような事態は腰痛のみに起こりうることではないというのは周知の事実です。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る