肩こりを解消する知恵!

2015年10月10日 | コラム

頚椎ヘルニアと言われたケースで、その症状そのものが腕にまで達する放散痛ばかりだという時は、手術に頼ることはなく、例の保存的療法と称されている治療法に頼ることが一般的です。

日本の国民病とも呼ばれる肩こりは、起こる要因も解消するための知恵も非常に多岐にわたり、病院や診療所での医学的根拠が確実な治療、整体、鍼灸などの代替医療、食事や生活様式の見直し、簡単なストレッチなどがまず挙げられます。

妊娠時に発症する一時的な坐骨神経痛は、出産による妊娠期間の終了によって神経の圧迫要因が消えたことになるのですから、つらい痛みもひとりでに癒えていくため、病院での専門的な治療は必要ないと言ってもいいでしょう。

外反母趾の一般的な治療法である手術療法のやり方は多種多様ですが、一番よく行われているのは、骨を切って角度を矯正する方法で、変形の程度により最適なやり方をチョイスして施術するのが基本です。

静かに寝ていても引き起こされる我慢できないほどの首の痛みや、ほんのわずかな動きでも辛い痛みを感じる時に否定できない病気は、がんや感染症です。なるべく急いで病院で医師に診せるべきです。

厄介な膝の痛みは、合間に休息時間を設けずに運動をずっと続けたことによる「膝の使い過ぎ」で膝に過度に負担がかかることや、思わぬアクシデントなどによる不意な身体の故障で発現する例があります。

信じがたい内容ですが、痛み止めの薬が気休め程度の効果しかなく、長きにわたって悩まされてきた腰痛が、整体療法による治療で著しく症状が軽快したという事実があるということです。

頚椎ヘルニアの治療として一般的な保存的療法については、マッサージに代表される理学的療法、他には頚椎牽引療法と言われるものがあるそうです。自身に相応しいものを選択しなければ、望ましい結果に結び付きません。

腰痛が出たら「痛いところを温めるべき?」「冷却する?」「急に腰痛になった場合の応急処置は?」など初歩的な疑問や、典型的な質問内容ばかりでなく、整形外科のような医療機関の選び方など、とても便利な情報を発信しています。

病気に罹ったり老化したりすることで背中が丸まってしまい俗にいう猫背となると、人間の身体の部位で一番重い頭部が前に出るため、そのサポートのために、首や肩の筋肉が張り、くたびれて耐え難い首の痛みが起こってしまいます。

ランナー膝またはランナーズニーと呼ばれるものは、マラソン等実力に見合わない長距離を走って膝を酷使することで、膝部周辺に過度の力が結果としてかかることがきっかけで出てしまうかなりやっかいな膝の痛みのことです。

頚椎が老化などによって変形すると、首の痛みのみならず、肩や背中の痛みや手や腕のしびれ、若しくは脚のしびれが原因となって生じる痙性の歩行障害、また排尿障害まで発生する症例もよくあります。

麻酔や出血への不安感、終わりの見えないリハビリや気がかりな後遺症といった、一昔前までの手術法に関するトラブルを解決へ導いたのが、レーザーを使用したPLDD法での安心で安全な椎間板ヘルニア治療法です。

首の痛みに対処するために上部頸椎の矯正を実施するのではなくて、脳から出される指令を身体中に確実に神経伝達させるためにわずかな歪みを矯正するもので、その効き目で頑固な首筋のこりや常態化した首の痛みが快方に向かいます。

長年思い悩まされている背中痛ということなんですが、どこの専門病院に依頼して確認してもらっても、原因も治療法も明白にならず、整体治療を開始することにしました。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る