肩こりが解消するツボ療法!

2015年10月11日 | コラム

一般的に、耐え難い肩こりや頭痛の解消に向けて肝心なことは、必要なだけ栄養と休養をを摂取してストレス源から離れるようにし、心や身体の疲れを取り去ってやることです。

頸椎が加齢などによって変形すると、首の痛みの他、肩周囲の鈍痛や手の感覚がおかしいという自覚症状、そうでなければ脚の感覚異常に起因すると思われる歩行困難の症状、挙句に排尿障害まで引き起こすケースもあります。

近頃だとインターネットを用いて「肩こり解消グッズ」と打ち込んで検索結果を見てみると、気の遠くなる数の品物が表示されて、ピックアップするのに頭を悩ませるという事実もあります。

かなり前の時代から「肩こりが軽くなる」と言われている肩井等のツボやマッサージなどもいろいろありますので、肩こり解消に向けて、何はさておいても自分の手で挑戦してみてはどうでしょうか。

鈍く重い膝の痛みが生じている際、一緒に膝がスムーズに動かなくなったり、腫れたり発熱があったり、風邪と思われるような状態になったり、膝とは関係ない部分にも予期せぬトラブルが起こってしまうケースがあります。

そこまで心から思い悩んだりせずに、ストレス発散のために有名温泉などを訪ねて、ゆっくり過ごしたりすることが全ての面に上手く働いて、背中痛が消え去ってしまう人さえいらっしゃるようです。

激痛を伴う椎間板ヘルニアの治療を薬物療法にて行う場合、鎮静剤や筋弛緩剤等いろいろ組み合わせて使用されることになりますが、病院で悩まされている症状を明確に掴んでもらうことを第一に考えてください。

安静状態を維持していても現れるつらい首の痛みや、ごくわずかな動きでも強い痛みが起こる場合に可能性がある病気は、「がんの転移」もしくは「感染症」です。直ちに医師に診てもらった方がいいでしょう。

諸々の誘因のうち、腫瘍で太もものしびれやお尻の痛みがある坐骨神経痛が起きたケースでは、眠れないほどの痛みが極めて強く、保存療法では効果が得られないという特徴がみられます。

長時間に及ぶマラソンなどによって鈍い膝の痛みに見舞われる非常に典型的な疾病は、膝の内側に痛みが生じる「鵞足炎」膝のお皿の外側に痛みが出る「腸脛靭帯炎」がまず挙げられ、この2つの病はランナーズニーといういわゆるランニング障害です。

布団に入ってじっとしていても、耐えられない、猛烈な痛みやしびれが三日以上継続するのは、医療機関においての坐骨神経痛の診察及び症状に対応した治療が必要不可欠で、整体をしてもらったり鍼治療を受けたりすることはかなり危険なことと言えます。

治療の仕方は山ほど準備されていますから、慎重に考えてからの判断が肝心ですし、自分の腰痛の具合にマッチしないと感じたら、白紙に戻すことも念頭に置くべきです。

坐骨神経痛の主な原因である腰椎椎間板ヘルニアの色々な治療法の中で、鍼や整体等の代替医療を受けることで背骨の患部に圧力がかかってしまい、ヘルニアがより酷くなった事例も存在するので、慎重にしてください。

外反母趾の一般的な治療法である運動療法という筋肉を鍛える療法において最も重要なことは、足の親指の付け根のところにある関節が「くの字」状態のまま固着するのを防止すること、かつ足の親指を動かす際に使う筋肉である母趾外転筋の筋力を鍛えることです。

メスを入れない保存療法という治療を実施して特有の症状が快方に向かわないというケースや、病状の悪化・進行が認められる状態の時には、頚椎ヘルニアの症状に対しての外科療法による治療が否めません。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る