出産で骨盤を圧迫する原因の坐骨神経痛!

2015年10月16日 | コラム

妊娠がきっかけで発症する一時的な坐骨神経痛は、出産で骨盤を圧迫する原因が消え失せることになるのですから、大変な思いをした痛みも忘れた頃に回復するため、医師による治療は必要ないと言ってもいいでしょう。

猫背だと、細い首に負荷がかかり、完治の難しい肩こりが発生するので、苦しい肩こりの解消には、何よりもいつもの猫背を解消する必要があります。

じっと安静にしていても引き起こされる我慢できないほどの首の痛みや、少しの刺激でも酷く痛む時に心配した方がいい病気は、「がんの転移」や感染症脊髄炎などの感染症です。早急に病院へ直行して医師に診てもらった方がいいでしょう。

全身麻酔をかけることや大量出血への不安、継続が必要なリハビリや後遺症への心配など、一昔前までの手術方法に関連した問題点をうまく乗り越えたのが、レーザーを利用したPLDDという手術法による椎間板ヘルニアの新しい治療法です。

ぎっくり腰も近い理由がありますが、行動している途中とかくしゃみが引き金になって陥ってしまう背中痛というのは、靭帯であったり筋肉等々にダメージが与えられて、痛みも発現していることが多いそうです。

自分の体調がどうであるかをあなた自身で判断して、極限を出てしまわないように対処するという心掛けは、自分自身に託された椎間板ヘルニアを少しでも改善するための治療方法と考えていいでしょう。

多くの人が苦しんでいる腰痛は、各人各様で発症するに至った誘因も痛みの強さも異なりますから、一人一人の原因と病状をちゃんと掴んだうえで、どのように治療を進めていくかを確定するというやり方をしないのはとても危険と言えます。

日本人にとても多い肩こりは、引き起こされる誘因も解消するためのやり方もびっくりするほど多種多様で、病院や診療所のような医療機関での専門的な治療、整体をはじめとする骨格筋の調整などを行なう民間療法食生活や生活習慣の見直し、簡単なストレッチなどが挙げられます。

頚椎の変形が起こると、首の痛みはもちろん、肩周辺の痛みや手の感覚がおかしいという自覚症状、でなければ脚のしびれが誘因となる歩行困難の発生それだけでなく排尿障害まで出る例も稀ではありません。

膝に疼痛が起こる主な要因によって、どういう治療方針で行くかはてんで違うのですが、悪い姿勢や太り過ぎ、ライフスタイルが厄介な膝の痛みを出現させているという場合も多々存在します。

マラソンなど走行距離の長いスポーツで深刻な膝の痛みが誘発される一般的な病気としては、膝下の内側にある鵞足部周辺が炎症を起こす「鵞足炎」膝のお皿の外側に痛みが出る「腸脛靭帯炎」が考えられますが、この2つの病気はランナーズニーという膝の周辺のランニング障害です

何もしたくなくなるほど陰気に考え込んだりせず、うっぷん晴らしを狙って温泉地を訪問して、休息をとったりすることにより、背中痛が克服されるという人もおられるようです。

慢性的な腰椎椎間板ヘルニアのいくつかの治療方法のうち、鍼灸やカイロ等に代表される有名な民間療法で患部の周囲が圧迫されることになって、ヘルニアが悪くなったという例もよく耳にするので、十分に気をつけましょう。

保存療法という治療を行って激痛が治まらないという時や、病状の悪化もしくは進行が見られることが明らかになった時には、頚椎ヘルニアの症状を改善するための外科療法を用いた治療が適応となり実行に移されます。

負担にならない姿勢で休養していても、耐えられない、きつい痛みやしびれが三日たっても治らないという事は、専門医による坐骨神経痛の診察と適切な治療が重要で、整体や鍼灸治療はかなり危険なことと言えます。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る