坐骨神経痛を治療する時、牽引療法を!

2015年10月30日 | コラム

長期間に亘って辛い思いをしている背中痛なのですが、どんだけ医療機関にお願いして調査してもらっても、誘因も治療法も明確になることがなく、整体治療に賭けようかと思っています。

意外に感じられる人も多いと思いますが、実際坐骨神経痛のための治療薬というものは残念ながら存在せず、使われるのは痛み止めの効果がある鎮静剤もしくは筋弛緩剤や交感神経をブロックするブロック注射のような対症療法を思わせる薬になるのです。

麻酔や出血、ずっと続くであろうリハビリや後遺症への心配など、一昔前までの手術方法への悩みの種を解決することに成功したのが、レーザーを使用したPLDDと呼ばれる手術方法による椎間板ヘルニアの治療です。

背中痛は勿論のこと、どこでも行われている検査で異常が確認できないという状態なのに、痛みを我慢しているといった時は、線維筋痛症などに罹患している可能性があり、ペインクリニックで治療を行なってみることが一般的です。

保存的療法と言われるものは、手術による治療をしない治療ノウハウのことで、一般には進行が見られない軽い椎間板ヘルニアは、保存的療法でも30日もやれば痛みのほとんどは消えてきます。

腰部の神経根圧迫から起こる坐骨神経痛を治療する時、牽引療法を選ぶ医療機関も比較的多いようですが、その治療テクニックは更に筋肉の状態を悪化させるケースも少なくないため、しない方向で進める方が安全と言い切れます。

スマートフォン、PCの継続使用による深刻な疲れ目によって、頑固な肩こりや頭痛を発症する状況も少なくないので、溜まった眼精疲労を解消して、つらい肩こりも深刻な頭痛も完ぺきに解消してみたくはないですか。

今はウェブの検索エンジンを活用して「肩こり解消グッズ」などのキーワードで検索結果を見てみると、あきれるほど多くのアイディア商品が表示されて、厳選するのに頭を悩ませるレベルです。

患部に負担を与えない姿勢でじっとしていても、耐えきれない、猛烈な痛みやしびれが三日以上たっても全く良くならないという事は、医療機関での坐骨神経痛の診察と適切な治療を受けることが肝要で、整体や鍼灸治療を受けることは非常に危険な行為です。

部位の苦痛、わけても頚椎ヘルニアを快復させることを目的とする治療については、どういった医療施設に行って治療を頼めば良いのか分からないため、整形外科を選択する人達が8割がたということを教えてもらいました。

ジョギングなどによって鈍く重い膝の痛みに襲われる典型的な病気としては、膝の内側から膝下にかけて痛む「鵞足炎」膝のお皿の外側に痛みが出る「腸脛靭帯炎」の2つが挙げられ、これらの病気はランナー膝と呼ばれる膝周辺に発生するスポーツ障害です。

保存的療法による治療で強い痛みが軽くならない状況にある時や、ヘルニアの症状の悪化または進行が確認されることがわかった場合には、頚椎ヘルニアに対処するための手術法による治療が否めません。

苦しんでいる頚椎ヘルニア症の方が、整体を利用してみるべきかどうかは、いろんな考え方があろうかと思われますが、治療が終了した後の骨格正常化や抑止ということを狙う際には、役に立つと断言します。

PCを利用した仕事が長引いて、肩が凝ってしまった時に、ぱっとトライしてみたいのは、お手軽感があって軽く取り組める肩こり解消の工夫なのは間違いないですよね。

変形性膝関節症と呼ばれる膝の疾病は、膝の関節軟骨がすり減って消滅したり、損傷したりする障害で、中年以上を悩ます膝の痛みの主要な原因として、種々の病気の中で一番多くある持病の一つです。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る