不快な肩こり解消するには猫背を・・・。

2015年11月2日 | コラム

直近の数年でPCを使う人が増えたせいもあって、頭痛や首の痛みに悩まされる人がうなぎ上りに増加中ですが、何よりも大きな原因は、頭が首よりも前に出た姿勢を何時間も続行することに起因します。

椎間板ヘルニアでのヘルニア部分の炎症を出ないようにしているという状態なので、治療の終了後も身体が前かがみになったり重量の大きいものをピックアップすると、激しい痛みが逆戻りしてしまう懸念があるので注意してください。

猫背の姿勢になってしまうと、重い頭を支える首に常に負担がかかる状態になり、一向に良くならない肩こりが生じるので、不快な肩こりをきれいさっぱり解消するには、何はともあれいつもの猫背を解消するのが先決です。

深刻なレベルの腰痛になるそもそもの原因と治療の仕方がわかれば、適切なものとそうではなさそうなもの、必要性の高いものとそうは言いきれないものが明らかになるのではないでしょうか。

首の痛みの他に、手や足がしびれて動かしにくいなどという症状が発生しているのであれば、頚椎(首の骨)に命を危険にさらしかねないいくつかのトラブルがもたらされている可能性が指摘されるので、注意してください。

首が痛いのを治すために上部頸椎の矯正を実施するのではなくて、脳が伝える命令を全身の器官に滞りなく神経伝達させるために歪みを矯正するのであって、その成果の一環として首筋の不快なこりや長期化した首の痛みが良くなります。

容易には信じられないと思いますが、消炎鎮痛剤の効き目がなく、数年来悩みの種であった腰痛が、整体院で治療してもらうことによって明らかに楽になったといったケースが割と普通にあるのです。

臀部から足にかけて激痛が走ったりする椎間板ヘルニアの治療における目的は脱出してしまったヘルニアを本来あるべき場所に戻すことでは絶対にあり得ず、飛び出したところにある炎症を手当することだと記憶にとどめておいてください。

多くの人を悩ませる坐骨神経痛の治療の時に、けん引器によるけん引を利用する医療機関も思いのほかあると聞きますが、その類の治療は筋肉を硬くしてしまう不安がないとは言えないため、拒否した方が賢明です。

整形外科などの医療機関で医学的な治療をした後は、日常の動作で姿勢不良を直したり腰や下肢の筋肉を鍛えたりなどしておかないと、症状が進行する椎間板ヘルニアに関連した悩みは存在し続けます。

外反母趾の一般的な治療法である運動療法という方法には、通常その関節を動かす筋肉を利用して自力で関節を動かす運動と、関節とはかかわりのない他の筋肉や、専用の器具、専門の理学療法士等、別の人の力を用いて自分で動かしにくい関節を動かす他動運動が考案されています。

眠りの質なども肩こりの度合いに思いのほか強い影響があり、睡眠時間や睡眠の質を身体にいいものになるように再考したり、無頓着に使用していた枕を肩こり向けに設計されたものに変えたりしたことで、肩こり解消に効果があったという耳寄りな情報もしばしばテレビや広告で見かけます。

多数の患者さんが辛い思いをしている腰痛の治療については、病院や診療所などの医療機関で最先端の専門機器や薬剤を用いて実施する治療から馴染み深い民間療法まで、実に多様な技術があるのです。

腰の疾患でよく耳にする腰椎椎間板ヘルニアの多彩な治療方法の中で、鍼灸やマッサージのような代替医療を受けることで背骨の周辺に強い力が加わり、ヘルニアがさらに厄介なことになったという事例もあるので、気をつけなければなりません。

進行が速く怖い病気である頚椎ヘルニアに罹ってしまっても、正規の診断を初期の段階で受けて早速治療に取り掛かった人は、その時以後のきつい症状に手こずることなく安穏として生活を送っています。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る