いつも緊張している首部分や肩部分の筋肉が・・・。

2015年11月17日 | コラム

驚くべきことですが、痛みを和らげる薬がうまく作用せず、長年苦痛に耐えてきた腰痛が、整体法で治療することで大幅に症状が軽くなったという場合が珍しくないのです。

つらい首の痛みの要因は、いつも緊張している首部分や肩部分の筋肉が慢性疲労を起こしたことで深刻な血行不良が生じ、筋肉に必要以上に蓄積した色々な疲労物質にあるということが大方であるということです。

猫背の姿勢になってしまうと、首の後ろの筋肉が緊張し続け、一向に良くならない肩こりが生じるので、長年悩まされてきた肩こりの解消には、何はさておいても慢性的な猫背を解消するのが先決です。

もしも長期化した首の痛み・首筋のこりや肩こりから逃れることができて「精神も肉体も健やかで幸せ」が成立したらどうでしょうか。肩こりを解消したら同じような問題が発生しない身体になりたくはないですか?

きつい腰痛は「温めてケアする?」「冷やすのが正解?」「急に発症した場合は?」など、腰痛に関する素朴な疑問や、ありふれた質問に加えて、自分に合った病院や診療所の選定方法など、とても便利な情報を提示しています。

腰部の神経根圧迫から起こる坐骨神経痛の誘因がはっきりわかっている状況であれば、原因と思われるものを取り去ってやることが根底からの治療の一助となりますが、原因がよくわからないという時や、原因を排除することができない場合は、表面的な症状の緩和を行う対症療法を行います。

睡眠についても肩こりには意外と強く影響を及ぼし、眠りに費やす時間の長さをより良くなるように見直したり、普段使っている枕を肩こり向けに設計されたものに変えたりしたことで、肩こりをすっきり解消できたという経験談も事あるごとに小耳にはさみます。

保存療法と言われるものは、手術法以外の治療技術のことをいい、大半のあまり深刻でない椎間板ヘルニアは、保存的加療で治療しても30日前後実施すれば耐え難い痛みは解消します。

診療所などで治療してもらった後は、今までと同じ生活の中で悪い姿勢を正すように努力したり負担をかけやすい腰部の筋肉をより強化したりすることを継続的にやらないと、慢性化した椎間板ヘルニアの問題はなくなることはありません。

膝にズキズキする痛みを生じさせる主な要因によって、どういう治療方針で行くかは当然変わりますが、悪い姿勢やメタボ体型、良くない生活習慣が頑固な膝の痛みを招いているという状況も結構よくあるようです。

外反母趾を治療する方法である運動療法と呼ばれるものには、元々その関節を動かすことになっている筋肉で自分で関節を動かす自動運動と、関節を動かす役割のない筋肉や、他動運動装置、専門の理学療法士等、他者の力を利用して自力で動かすことが困難な関節を動かしてもらう他動運動が考案されています。

多くの誘因の一つの、がんなどの腫瘍によりお尻や太ももの裏がしびれる坐骨神経痛になった場合は、うずくような痛みがとても強く、手術などは行わない保存療法では効果が得られないという側面があります。

椎間板ヘルニアの治療においては、保存的加療の実施を基本として治療していきますが、およそ3ヶ月ほど継続してみて快方へ向かわず、暮らしがし辛くなることになった時は、メスを入れることも念頭に置きます。

麻酔や出血、気の遠くなるようなリハビリ期間や後遺症に対する恐怖感など、これまでの手術方法への問題点をきっちりクリアしたのが、レーザー光を用いたPLDD法による椎間板ヘルニアの治療です。

病気になったり年を重ねたりすることによって背骨が曲がり猫背の形になると、頭という重い物体が前の方に倒れる形になるため、食い止めるために、首に常に負担がかかり、疲労物質が滞ってしつこい首の痛みが出現します。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る