ランナー膝というのは・・・。

2015年11月20日 | コラム

ランナー膝というのは、ランニングやジョギング等実力に見合わない長距離を走りきることにより、膝関節に過大な負荷をかけてしまうことが引き金となって出現するなかなか治らない膝の痛みです。

麻酔や大量の出血、気の遠くなるようなリハビリ期間や後遺症への不安といった、今までの手術法への様々な悩みを解消するに至ったのが、レーザー光を利用したPLDD法という術式による椎間板ヘルニアの安心で安全な治療法です。

頚椎ヘルニアと伝えられた場合で、その病態というものが腕にまで達する放散痛がほとんどだというなら、手術をすることはなく、耳慣れないですが保存的療法と言われている治療法を取り入れることをルールとしているようです。

病院にて治療を受けるとともに、膝を守るために適切な膝サポーターをうまく利用すれば、膝への負荷がとても少なくなりますから、鈍く重い膝の痛みが比較的早く改善されます。

私共のクリニックの実績では、およそ80%の人が鍼灸治療を併用することにより、頚椎ヘルニアが元となっている手部の痺れ感であるとか面倒な首の痛みを取り除いています。お悩みなら、足を運んでみることをおすすめします。

外反母趾の一般的な治療法である手術方法には様々な種類があるのですが、スタンダードなのは、骨を切って向きを矯正する方法で、どのくらい変形しているかにより最適なやり方を選択して実行するようにしています。

鍼を使って行う治療がタブーとなっている気をつけるべき坐骨神経痛として、妊娠により子宮内の胎児が神経に影響を与えたことが要因となってなってしまうものがあり、その場合に鍼灸治療をすると、流産を引き起こすことも考えられます。

日本人にとても多い肩こりは、きっかけとなる要因も解消の方法も極めて多種多様で、病院における西洋医学的治療、整体やマッサージなどの代替医療、食生活や生活習慣のチェック、ストレッチングなどが挙げられます。

変形性膝関節症という症状は、膝の関節内にある骨や軟骨がだんだん擦り切れてきたり、弱くなることによって形が変わってしまったりする慢性病で、中年以上に見受けられる膝の痛みの主だった要因として、たくさんある病気の中で一番多くある障害の一つです。

外反母趾を治療するために、手指による体操も、ゴムバンドを使用するホーマン体操も、自分自身で行う運動ですが、他の力を使って動かす他動運動ということになるので効率的な筋力トレーニングというわけにはいかないことは常に意識しておきましょう。

保存療法という治療法には、温熱や電気を用いた物理療法、薬で治療する薬物療法等があり、それぞれの患者さんにより全然違う椎間板ヘルニアの症状の度合いに応じて治療のやり方を取り合わせて進めていくのが大方のスタイルです。

深刻な外反母趾の悩みを抱えながら、結果として治療そのものに関してあきらめの境地に達している方は、何をおいてもためらわずに最大限に早期に専門の病院で診察してもらってください。

手術を行わない保存的な治療法で痛みやしびれが軽くならないことがわかった場合や、特有の症状の悪化や進行が判断できる状態の時には、頚椎ヘルニアの症状を改善するための外科的な治療が行われることになります。

膝部周辺に疼痛が生じる原因次第で、どんな治療をするかは自ずと違ってくるものですが、悪い姿勢や太り過ぎ、ライフスタイルが歩くのも辛いような膝の痛みを生み出している事態も多数あり対策の必要があります。

長年悩まされている頚椎ヘルニアの症状を抱えている人が、整体をやってみるべきかどうかは、一概には言えませんが、治療終了後の機能回復や再発を防ぐという意味では、非常に効果があると思います。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る