自分の身体がどんな状態かを・・・。

2015年12月8日 | コラム

自分の身体がどんな状態かをあなた自身で判断して、大丈夫な範囲をはみ出さないようにしっかりと予防しておくという行動は、自分で実行できる椎間板ヘルニア改善に向けての治療方法の一つと言うことができます。

もしきちんとした腰痛の治療を開始しようと思っているなら、色々な治療の方法のプラス面とマイナス面を見定めて、現時点での痛みの具合に最大限にマッチしたものを選びましょう。

鍼によって行う治療がタブーとなっている坐骨神経痛の一つに、妊娠により育っていく胎児が坐骨神経に影響を与えて発生するものがあり、この状態に鍼灸治療を施すと、流産になるかもしれないのです。

日常生活に支障をきたすほどの腰痛になってしまう元凶と治療方法を知っておけば、適切なものとそれ以外のもの、必要性の高いものとそうとはいえないものが見分けられるのです。

万が一慢性化した首の痛み・頭痛を引き起こす肩こりから解き放たれ「精神も肉体も健幸」を手に入れたらいかがでしょうか。肩こりを解消したら同じような問題が発生しない身体を得たくはないですか?

腰痛と言ってもいろいろあり、各人各様でその要因も痛みの出方も違うのが当たり前なので、各自の原因と特徴的な症状を明確に掴んだうえで、どのような方向性で治療するかを注意深く決めないというやり方はハイリスクな行為です。

外反母趾への手術の適用は18世紀ごろより行われ始めた治療の方法で、これまでに色々な手段が知られており、それらをトータルすると症状に応じて100種類以上もあるということです。

椎間板ヘルニアでのヘルニア部分の炎症を抑止しているという状況なので、治療してもらった後も前に背中や腰を曲げる姿勢になったり重量のある荷物をピックアップすると、激痛が悪化することも考えられるので注意すべきです。

腰部の神経根圧迫から起こる坐骨神経痛の要因が分かっているのであれば、原因となっている要素を除去することが本質的な治療への近道となりますが、原因が特定できない時や、原因がわかっていても取り除くのが難しいというような場合は、表面的な症状の緩和を行う対症療法を行います。

医療提供施設において西洋医学に基づく治療を施した後は、何気ない日常動作で猫背姿勢を改善したり負担をかけやすい腰部の筋肉をより強化したりという努力をしないと、悪化しやすい椎間板ヘルニアに関連する問題はなくなりはしないでしょう。

外反母趾の治療方法である筋肉を鍛える運動療法には、そもそもその関節を動かす筋肉によって自力で関節を動かす運動と、関節に直接は関係がない筋肉や、他動運動機器、専門の作業療法士等、他者の力を利用して自分で動かせない関節を動かしてもらう他動運動が知られています。

治療手段は色々用意されていますので、心して検討することが肝要でありますし、自身の腰痛の状態に合わないと感じたら、停止することも考慮するべきです。

私共のクリニックの実績では、大体の人が鍼灸治療を有効に施術することで、頚椎ヘルニアに伴う手部のしびれとか面倒な首の痛みを快方に向かわせることができています。何とか時間を作って、来院してみるべきです。

古来より「肩こりが治る」と経験的に言われているいくつかのツボやマッサージなどもたくさんありますから、肩こりの解消を願って、何をおいても自身で導入してみるのがいいかと思います。

頑固な膝の痛みは、しっかりと休憩をはさまずに負荷の多い運動や練習を長々と続けたことが原因のいわゆる「膝のオーバーユース」や、事故やトラブルによる偶発的な身体のダメージで生じるケースがよく見られます。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る