頚椎ヘルニアにより発症する手部の麻痺!

2016年1月30日 | コラム

手術を行わない保存的な治療法で痛みやしびれが軽くならないという場合や、痛みやしびれなどの症状の悪化や進行が見られることが明らかになった時には、頚椎ヘルニアの症状に対応した外科療法による治療が行われます。

頚椎ヘルニアにより発症する手部の麻痺とか首の痛みにおいて、整形外科で治療をしてもらったにも拘らずわずかながらも実効性がなかったみなさんにご紹介します。このやり方を継続することで、たくさんの人が通常の死活ができるまでになりました。

長期間辛い思いをしてきた肩こりがすっきり解消したその大きなきっかけとは、結局のところインターネットを駆使して自分に合ったいい整体院を見出すのがうまくいったということです。

ベッドで安静にしていても、我慢ならない、酷い痛みやしびれが三日以上治らないのは、病院等の医療機関での坐骨神経痛の診断と及びちゃんとした治療が大切で、整体を受けたり鍼を打ったりするのは相当危険な選択です。

坐骨神経痛と呼ばれる神経痛の治療については、治療を始めてすぐに外科手術をするというケースはあまり見られず、投薬あるいは神経ブロックで思わしい結果が得られなかったとか、排尿や排便がコントロールできない膀胱直腸障害がある状態の時に前向きに検討されることになります。

背中痛もしかりで、どこでも行われている検査で異常が発見できないながらも、痛みがなくならないという時は、線維筋痛症などが痛みの元だということで、ペインクリニックで治療を実施してみることが普通です。

関節であったり神経に関係する場合にプラスして、もし右中心の背中痛の場合は、実際的には肝臓がひどい状態になっていたなんてことも少数派というわけではないのです。

思いもよらないことですが、ロキソニンやボルタレンのような鎮痛剤がほとんど効かなくて、長期にわたり悩まされてきた腰痛が、整体療法による治療で明らかに回復したというようなことが現実にあるのです。

日本人の80%が持っているといわれる肩こりは、起こる要因も解消のため工夫も思いのほかバラエティに富み、病院や診療所のような医療機関での西洋医学に基づいた治療、整体やマッサージなどの代替医療、食生活や生活習慣のチェック、ストレッチングなどがまず挙げられます。

根深い首の痛みの一番の原因は、四六時中負荷がかかっている首の筋肉や肩の筋肉の極度の疲労のために血行の悪化が誘発され、筋肉内に滞った乳酸などの老廃物にあることが大半です。

医学的な知見の発展に伴い、多くの人が苦しんでいる腰痛の治療技術もここ10年くらいの間に大きく変革されてきたので、痛みと付き合って生きていく覚悟を決めた人も、何はさておき診察を受けてみることをお勧めします。

姿勢が猫背の形でいると、首の周りに常時負担がかかることとなり、治りにくい肩こりの原因となるので、嫌な肩こりを100パーセント解消するには、最初にいつもの猫背を解消しなければなりません。

外反母趾が進行していくと、痛みや指の変形が思いのほかひどいレベルになるので、一生治らないと早とちりする人もいるのですが、正しく治療することで間違いなく快方に向かうので悲観しなくても大丈夫です。

外反母趾の効果的な治療法である運動療法という筋肉を動かす療法でポイントとなるのは、母趾の付け根の関節が曲がって変形した状態で固まってしまうのを避けること、かつ親指の筋肉である母趾外転筋の筋力をより向上させることです。

背中痛に関して、市内にある病院やクリニックにお願いしても、誘因について納得の説明が貰えないなら、整体とか鍼灸院といった東洋医学を用いて治療に取り組むのも良いでしょう。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る