深刻な外反母趾を外科手術をせずに治す!

2016年2月2日 | コラム

お尻や足が痛む坐骨神経痛の治療では、腰を固定して引っ張るけん引に頼る整形外科も比較的多いようですが、その治療の進め方は筋肉の状態を悪くする心配がないとは言えないため、遠慮した方が賢明だと言えます。

テーピング療法は、深刻な外反母趾を外科手術をせずに治す極めて効果の高い治療方法と言え、数万人に及ぶ数多くの臨床から判断しても「確固たる保存的療法」と自信を持って言えると考えて差支えないでしょう。

外反母趾の治療方法である運動療法という筋肉を動かして行う療法において大切にすべきことは、第一趾の付け根部分の関節がちょうど「くの字」の形で固まってしまうのを回避すること、それから足指を外に広げる母趾外転筋の筋力をより向上させることです。

ランナー膝またはランナーズニーと呼ばれるものは、マラソン等走行距離の長いスポーツで長い距離を無理して走ることで、膝部周辺に過大な負荷を最終的に与えてしまうことがきっかけで現れるなかなか治らない膝の痛みです。

うずくような膝の痛みは、満足な休息時間を設けずに過剰な運動やトレーニングを続行したことが原因の膝への負担のかけ過ぎや、不可避の出来事による唐突な負傷によってでる場合が知られています。

さほど重苦しく思い詰めることなく、気分転換に近場の温泉でも構わないので、そこでゆったり気分を楽しんだりすることが全ての面に上手く働いて、背中痛が克服されるという人もいらっしゃるようです。

病院で頚椎ヘルニアで間違いないと伝えられましたが、迅速に原因を取り去るには、「どこに行って治療をお願いすればベストなのかわからない」と考えている方は、出来るだけ早くご訪問ください。

ぎっくり腰もその原因は同じ様なものですが、動いている最中やくしゃみが元で陥ってしまう背中痛については、筋肉とか靭帯などに炎症が起きてしまうことで、痛みも露わになっていることが大部分だと教わりました。

驚く人も多いかと思いますが、実のところ坐骨神経痛のために作られた治療薬というものはどこにもなく、治療に使用されるのは痛みを抑える鎮静剤もしくは筋弛緩剤やブロック注射を打つといった対症療法と言った方がいいような薬剤しか存在しないのです。

診療所などにおける専門的な治療は、坐骨神経痛になった主原因や症状の度合いに応じて苦痛を除くことを主眼とした対症療法を実施することが基本的な流れですが、結局大切にすべきことは、日常的に痛みやしびれがある場所にちゃんと気を配ることです。

脊椎疾患の中で最も多く罹患する疾患である腰椎椎間板ヘルニアの多彩な治療方法の中で、鍼や整体等の代替医療によって患部に圧力が加えられ、ヘルニアがさらに酷くなったという例も結構あるので、用心した方がいいでしょう。

多くの人が苦しんでいる腰痛は色々な誘因によって出てしまうため、診療所などでは詳細な問診と診察、X線やMRIや場合によっては椎間板造影検査などの画像による診断を行って、腰痛のトリガーとなった症状に対処するための治療を組んでいきます。

九割方の人が1回は体験するであろう首の痛みではありますが、時に痛みの理由の中に、かなり厄介な思いもしない病が伏在しているケースが見られるのを肝に銘じてください。

布団に入って無理に動かないようにしていても、耐えきれない、激痛やしびれが三日過ぎてもよくならないという事は、医療機関において坐骨神経痛の診察及び症状に対応した治療が肝心で、整体あるいは鍼治療は相当危険な選択です。

保存療法という治療手段には、光線療法などの物理療法鎮痛剤等の薬物を使う薬物療法等があり、患者さん個人により色々な椎間板ヘルニアの出ている症状に合わせて治療技術を併用して実行していくのが通常の形です。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る