確立された保存的療法!

2016年2月21日 | コラム

テーピングによる治療は、軽度の外反母趾を手術治療に頼らずに治す極めて効果の高い治療方法と言え、数万人に及ぶ膨大な臨床例より「確立された保存的療法」という事は間違いないのではないかと思います。

お尻や足への放散痛がある坐骨神経痛の治療を実施するにあたり、けん引治療という選択をする整形外科も比較的多いようですが、その種の治療法は逆に筋肉を硬直させる恐れがあるため、受けない方がよろしいかと思います。

長年にわたって「肩こりに効果てきめん」と経験的に言われている特定の場所にあるツボや評判のいいマッサージもいろいろあると思いますので、少しでも肩こりが解消するように、何よりもまず自宅でトライしてみるのがいいかと思います。

下肢に痛みやしびれが出る椎間板ヘルニアの治療を薬を用いて行う場合、鎮静剤等多様なものが使用されることになりますが、専門医に出ている症状をきっちり確かめてもらうことの方が大切です。

頚椎が加齢などにより変形すると、首の痛みの他、肩周りの鈍痛や手の感覚がおかしいという自覚症状、はたまた脚の感覚がおかしいことが誘因となる顕著な歩行困難、その上更に残尿感等の排尿障害まで引き起こす例も珍しくないのです。

つらい外反母趾の治療を実施する際に、保存療法をしたとしても痛みが減らないか、変形が思った以上に酷くて一般的な靴に違和感を覚えるという人には、結局は手術の選択をするというプロセスになります。

腰痛や背中痛に関しては、耐えられないような痛みやド~ンという様な痛み、痛みが現れている部位や痛みの酷い時間帯があるのかなど、患者自身だけにしか知覚できない病態ばかりなので、診断も一朝一夕にはできないということです。

根深い首の痛みが発生する原因は、普段から負荷がかかっている状態の肩や首の筋肉がくたびれたために血の流れの悪化が誘発されることになり、筋肉内部に必要以上にたまった乳酸などの老廃物だというケースが大方であるということです。

自分の身体のコンディションを自分自身で認識して、自分自身の限界を超過しないように対処する取り組みは、自分だけに可能な慢性的な椎間板ヘルニアの治療ノウハウと言えるのです。

猫背と呼ばれる姿勢でいると、首の周りに常時負担がかかることとなり、しつこい肩こりを発症するので、苦しい肩こりを根っこから解消するには、ともあれ常態的な猫背を解消する必要があります。

麻酔や出血への不安感、リハビリ期間の長さや後遺症への不安など、かつての手術法に対する苦悩をクリアしたのが、レーザーを用いたPLDDと呼ばれる手術方法による身体へのダメージが少ない椎間板ヘルニア治療法です。

痛くて辛い外反母趾に深く悩みつつ、挙句の果てには治療そのものに関してお手上げ状態である方は、何はさておき逡巡しないで極力早急に外反母趾を専門に診てくれる医療機関で診察してもらいましょう。

椎間板ヘルニアのヘルニア部分の炎症を阻止しているというのが実際の状況なので、治療を実施した後も前かがみの姿勢を続けたり重量のあるものをいきなり持ち上げようとすると、痛みやしびれが戻ってしまう恐れがあるので気をつけた方がいいです。

頚椎ヘルニアと伝えられた場合で、その病状そのものが腕にまで達する放散痛が中心となっている時は、手術をすることはなく、あの保存的療法という名前の治療法を採用することを前提とします。

有効な治療法は各種考案されていますので、じっくりと見定めることをおろそかにすべきではありませんし自身の腰痛の辛さに適していないと感じたら、ストップすることも視野に入れるべきです。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る