背中が弧を描いて前かがみになり猫背の状態!

2016年2月28日 | コラム

病気になったり年を重ねたりすることによって背中が弧を描いて前かがみになり猫背の状態になると、重い頭の部分が前のめりになるため、そのサポートのために、首が常時緊張した状態となり、慢性的に疲労して一向によくならない首の痛みが発生します。

マラソンなどにより厄介な膝の痛みが発生する広く知られた疾患は、膝の内側の鵞足部分が痛む「鵞足炎」膝の外側の腸脛靱帯が炎症を起こして痛みが出る「腸脛靭帯炎」が挙げられ、これらの疾患はランナーズニーといういわゆるランニング障害です。

立っているのも辛い椎間板ヘルニアを治療する際の目的は逸脱したヘルニアを押し戻すことというのではなくて、飛び出た場所が炎症を起こしているのを治療することだとしっかり認識しておきましょう。

いつまでも、膨大な時間をかけて専門的な治療をしてもらったり、手術を受けるという事になってしまえば、少なからずお金を費やすことになりますが、こういう現象は腰痛だけに特別に起こることではないのです。

整形外科の医師に、「治療を行ってもこれ以上は改善することはない」などと言われてしまった悪化した椎間板ヘルニアの過酷な痛みが沖縄で生まれた骨格調整を施しただけで信じられないくらい治ってきました。

レーザー手術を選択した方達の評価も取り入れて、体にとりまして負担をかけないPLDDという名の画期的な治療法と頚椎ヘルニアの機序をご案内しています。

日常生活に支障をきたすほどの腰痛の誘因と対応する治療法を把握すれば、適しているものとそうとは違うもの、大切なものとそうではないと思われるものが見分けられる可能性が高いです。

保存療法という治療のやり方で痛みなどの症状が楽になって来ないことがわかった場合や、ヘルニアの症状の悪化もしくは進行が確認されるという時には、頚椎ヘルニアの症状に対応した手術による外科的治療がされることになります。

椎間板ヘルニアのヘルニア部分で起きている炎症を食い止めているのが現状なため、治療してもらった後も前かがみの体勢になってしまったり重量のある荷物をなりふり構わずにピックアップすると、痛みなどの症状がぶり返してしまう可能性が考えられます。

この数年で多くの人がパソコンを使うようになったこともあって、不快な首の痛みに悩む人が非常に多くなっているのですが、その症状をもたらす最大の要因は、正しくない姿勢をだらだらと続けたままやめないことにあるのは周知の事実です。

20~40歳代の男性に多い腰椎椎間板ヘルニアの色々な治療法の中で、鍼灸やカイロプラクティス等の代替医療を受けることで背骨の周りに圧力がかかってしまい、ヘルニアがより酷くなった事例も結構あるので、注意が必要です。

頚椎ヘルニアと伝えられた場合で、その症状自体が上腕まで到達する痛みが中心であるという人に対しては、手術を行なわず、初耳かもしれませんが保存的療法という名前の治療法を選択することが原理原則とのことです。

テーピングによる矯正は、深刻な外反母趾を手術治療に頼らずに治す極めて効果の高い治療方式であり、膨大な人数に及ぶ多くの臨床例からみても「保存的療法としての確立」が明らかであると思われます。

老化が進むにつれて、患者数が増大していく頑固な膝の痛みの原因の大半は、すり減って薄くなったり消滅してしまったりした膝軟骨ですが、一旦磨り減って薄くなった軟骨は、絶対に作り直されることはありません。

スマートフォンやパソコンが要因の眼精疲労によって、慢性的な肩こりや偏頭痛が誘発される状況も少なくないので、慢性化した眼精疲労を癒して、常に悩まされてきた肩こりも深刻な頭痛も解消しましょう。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る