現代病ともいえる腰痛の最先端の治療方法!

2016年3月29日 | コラム

医療技術の前進に伴って、現代病ともいえる腰痛の最先端の治療方法も10年前と比べると見違えるほど進化したので、お手上げ状態だった人も、ぜひとも医療機関で診察を受けてください。

静かに休養していても、耐えきれない、猛烈な痛みやしびれが三日以上継続するのは、病院等の医療機関での坐骨神経痛の診察とふさわしい治療を受けた方がよく、整体もしくは鍼などはとても危ない行為です。

立っているのも辛い椎間板ヘルニアの治療を薬物にて行う場合、ロキソニン等の鎮痛剤等数多くの種類の薬剤が処方されることになりますが、医療提供施設にて表に出ている症状を明確に把握してもらう必要があります。

保存療法という治療手段には、温熱や電気を用いた物理療法、薬剤を使う薬物療法等があり、各々の患者さんにより様々な椎間板ヘルニアの症状の度合いに応じて治療方法を抱き合わせて実行していくのがほとんどです。

この何年かPCを使う人が増えたせいもあって、頭痛や首の痛みに苦しめられる人がすごい勢いで増えていますがそうなる一番の要因は、間違った姿勢を長時間にわたって継続することにあるのは言うまでもありません。

首の痛みのみならず、手とか足に力が入りにくいなどの症状が生じているのなら、頚椎部分に生死にかかわる恐ろしい健康障害が現れていることも否めないので、十分に警戒してください。

辛い腰痛が引き起こされても、往々にしてレントゲン画像を確認し、痛み止めが出され、安静状態の維持を言い渡されておしまいで、能動的な治療を施すというようなことはないに等しかったと言えます。

恐ろしい病気の一つに数えられる頚椎ヘルニアに罹患してしまったとしても、正式な診断を早めに受けて迅速に治療を開始した人は、治療後に恐ろしい症状に苦慮することなく穏やかに日常生活を送っています。

頚椎が老化などによって変形すると、首の痛みはもちろん、肩周りの鈍痛や手指のしびれ、もしくは脚の感覚異常によると思われる深刻な歩行困難、加えて残尿感等の排尿障害まで引き起こす症例もよくあります。

ずっと辛い思いをしている背中痛なのですが、過去に医院を訪ねて検査してもらっても、要因も治療法もはっきりせず、整体治療に頑張ってみようと思っているところです。

自分の身体の状況を自身で知って、限度を出てしまわないように予防措置をしておくという行為は、自分だけができる椎間板ヘルニアを少しでも快方に向かわせるための治療ノウハウでもあると言っていいでしょう。

痛みを伴う頚椎ヘルニアになっている方が、整体にトライした方が良いかどうかは、意見が分かれるところですが、治療を終えた後のリハビリや再発症の抑止を目指す為には、実効性があると断言します。

長期化した首の痛みが出る原因は、負担がかかっている首や肩の筋肉がくたびれたために血流悪化が誘発され、筋肉の内部に滞った様々な疲労物質にあるという場合が多いということです。

専門の医師に「この先治療しても改善はしない」と断定された重度の症状を示す椎間板ヘルニアの深刻な痛みが腰椎のズレの骨格調整を取り入れただけで大きく快方に向かいました。

麻酔や出血への不安感、いつまで続くかわからないリハビリや様々な後遺症の心配といった、かつての手術方法に対した色々な問題をきっちりクリアしたのが、レーザー光線を使用したPLDD法による椎間板ヘルニアの安全な治療法です。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る