赤ちゃんが骨盤の中の坐骨神経を圧迫する!

2016年4月9日 | コラム

何年も苦しめられてきた肩こりがほぼ解消できた一番の原因は、最終的にインターネットで検索して自分にとって違和感のない整体師を見つけ出す幸運に恵まれたことです。

鍼灸による治療が厳禁の気をつけるべき坐骨神経痛として、子宮内にいる赤ちゃんが骨盤の中の坐骨神経を圧迫するため生じるものがあり、そのような時に刺鍼を行うと、流産の原因になる場合も多いのです。

妊娠中に発生する妊婦によくある坐骨神経痛は、出産で神経の圧迫要因が取り除かれることになりますから、特有の痛みもひとりでに元通りになるため、きちんとした治療はしなくてもいいのです。

仮定の話として慢性化した首の痛み・同様につらい肩こりが消え去って「精神も肉体も健幸」を自分のものにできたらどんな感じでしょうか?首の痛みや肩こりを解消したら同じような問題が発生しない身体を獲得したくはないですか?

効果のある治療方法は山ほど考案されていますので、きちんと考えた上での選択が肝要でありますし、自分の腰痛の調子に適していない場合は、取りやめることも考慮しなければなりません。

頑固な肩こりも首の痛みももうたくさん!あまりにも辛い!大至急解消してすっきりしたい!そのような願いをかなえたい人は、何はともあれ治療法を求めるより根本的な原因を特定した方がいいでしょう。

外反母趾の治療方法である筋肉を鍛える運動療法には、元々その関節を動かす筋肉を使用して関節を動かせる範囲内で自分で動かす自動運動と、それ以外の部分の筋肉や他動運動装置、専門の理学療法士等、他者の力を使って関節を動かす他動運動と呼ばれる運動が実在します。

ぎっくり腰も同じですが、動いている最中やくしゃみによって突如発生してしまう背中痛というのは、靭帯だったり筋肉などに炎症が起きてしまうことで、痛みも生まれているとのことです。

私の病院の実績を見ると、多くの方が鍼灸治療を活用して、頚椎ヘルニアに因る手部のしびれとか面倒な首の痛みを快方に向かわせることができています。何とか時間を作って、来てみると良いですよ。

足のしびれや強い痛みを伴なう坐骨神経痛の治療を行う際に、けん引治療に頼る整形外科もよく見られますが、その種の治療法は筋肉を硬化させるケースもあるため、やめた方がいいでしょう。

鈍い膝の痛みに効果のあるコンドロイチンと名のついた化学物質は軟骨に含まれるムコ多糖類の一種で、一つ一つの細胞に栄養素や水分を運び込む仕事を行っていますが、体内に存在するコンドロイチンは年齢を重ねるとともに少なくなります。

身内に相談することもなく耐え忍んでいても、この先背中痛が快復するのは皆無です。今直ぐにでも痛みを克服したいなら、戸惑うことなく連絡してくださいね。

不快な頚椎ヘルニアになっている方が、整体をやってみるべきかどうかは、患者さん次第ですが、治療が完結した後のリハビリテーションや今後再発させないように利用するということであれば、ベターな選択であると言えそうです。

疾患や加齢によって猫のように背中が丸まり俗にいう猫背となると、頭という重い物体が前方につき出るため、それを支え続けるために、首への負担が常態的となり、慢性的に疲労して常態化した首の痛みを知覚するようになります。

何もしたくなくなるほど陰気に苦悩せずに、気分を変えて小旅行をして、ゆっくり湯船に浸かったりすることがプラスに働いて、背中痛が消え去ってしまう人さえおられると聞きました。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る