猫背姿勢を休みなく継続するという・・。

2016年4月12日 | コラム

ここのところPC利用者が倍増したことで、酷い首の痛みに困り果てている人が非常に多くなっているのですが、その一番の原因は、猫背姿勢を休みなく継続するという好ましくない環境のせいです。

様々な原因により起こる坐骨神経痛の治療では、腰を牽引器で引っぱる治療を利用する医療機関もたくさんありますが、その治療手段は筋肉が硬直化することも考えられるので、遠慮した方がいいと思います。

外反母趾を手術で治す方法は靴が普及した18世紀後半から実施されている代表的な治療手段で、現在進行形で数多くのやり方が記録されており、合計すると驚いたことに100種類以上もあるということです。

多くの人が苦しんでいる腰痛は、個人個人で発症に至った原因も症状の出方も全く異なりますので、一人一人の原因と病状を間違いなく見極めた上で、どうやって治療するかを決定しないというのは危険性の高いことなのです。

外反母趾の治療の一環として、手を使って行う体操も、有名なホーマン体操も、自分の意思で実行するものですが、他の力を利用した他動運動に相当するので効率的な筋力強化を期待してはいけないという事は常に意識しておきましょう。

長い期間思い悩んでいる背中痛ではありますが、これまでに医院を訪ねてチェックしても、素因も治療法も明確になることがなく、整体治療に頑張ってみようと思っているところです。

様々な辛い症状が現れる椎間板ヘルニアの治療を薬物にて行う場合、ロキソニン等の鎮痛剤等種々の薬剤が使われることになりますが、病院や診療所のような医療機関で表に出ている症状をきちんとチェックしてもらった方がいいです。

重度の腰痛が出ても、基本的にレントゲンによる検査をして、鎮痛作用のある薬が出され、じっと安静にしているように勧められて終わりとなり、アグレッシブな治療がなされるようなケースはほとんどなかったのです。

気分が落ち込むほど陰気臭く思い詰めることなく、ストレス発散のために地方の温泉などに行ったりして、命の選択をしたりすることが全ての面に上手く働いて、背中痛から解放されてしまう人もいると伺いました。

現在はインターネットを用いて「肩こり解消グッズ」で検索を実行してみると、あきれるほど多くの便利グッズが検索ワードにヒットして、その中から選ぶのに頭を抱えるという事実もあります。

病院や診療所などの医療機関で治療してもらった後は、毎日生活していく中で間違った姿勢を直したり腰の部分の筋肉をもっとつけたりなどの努力をしていかないと、1回発症した椎間板ヘルニアの問題はなくなりはしないでしょう。

首の痛みに加えて、手足の感覚が変という自覚症状などが見られる場合、頚椎の周りに命が危なくなるような緊急のトラブルが発生していることもありえるので、警戒を要します。

外反母趾の治療方法である運動療法という筋肉を動かす療法で大切なのは、母趾の付け根部分にある関節がちょうど「くの字」の形をキープしてしまうのを回避すること、加えて足の親指を開く筋肉である母趾外転筋の筋力の鍛錬です。

悪化すると恐ろしい病である頚椎ヘルニアに罹っても、正規の診断を早めに受けて迅速に治療を開始した人は、以後の恐ろしい症状に頭を抱えることなくのどかに普通の生活をしています。

レーザー手術をやってもらった方々の意見も交えて、体そのものに負担をかけないPLDDという名の今話題の治療法と頚椎ヘルニアのシステムをお見せしています。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る