整体でのテーピングは・・・。

2016年7月13日 | コラム

整体でのテーピングは、厄介な外反母趾を手術なしで治療する最も有効と言われる治療方法と言え、数万人にもなる数多くの臨床から判断しても「確かな保存的療法」が明白であるかと思います。

睡眠時間も肩こりの度合いに相当な影響があり、睡眠をとる時間を変えたり、使い続けているまくらを取り替えたりしたことで、頑固な肩こりが解消したなどの情報もしばしばテレビや広告で見かけます。

妊娠中に発症する妊婦によくある坐骨神経痛は、胎児を出産することで坐骨神経を圧迫する要因が存在しなくなるわけですから、大変だった痛みも気づかないうちに完治するはずなので、医師による治療をする必要はないと考えていいでしょう。

負荷のかからない姿勢でじっとしていても、耐えきれない、猛烈な痛みやしびれが三日以上たっても全く良くならないという事は、医療機関において坐骨神経痛の診察及び症状に対応した治療を受けた方がよく、整体をしてもらったり鍼治療を受けたりすることは危険な行為と言っても過言ではありません。

病気の症状や加齢により背中が丸まってしまい猫背の形になると、5kgもの重量のある頭部が肩より前へ出てしまうため、それを引っ張るために、首の筋肉に四六時中負荷がかかり、疲労が溜まって慢性化した首の痛みが出現します。

ランニング後に膝の痛みが発生した場合、連動して膝が動かしにくくなったり、患部が腫れて熱を帯びたり、風邪を引いたと勘違いするような症状が出たり、身体の膝以外の部分にも予期せぬトラブルが起こってしまう場合も多々あります。

保存的療法というのは、身体にメスを入れない治療技術を指し、普通進行していない椎間板ヘルニアは、保存的療法で治療してもほぼ30日していけばほとんどの痛みは感じなくなります。

歳とともに頚椎が変形してしまうと、首の痛みばかりでなく、肩の不快な痛みや手指のしびれ、または脚の感覚異常のせいで発生する歩行困難、それだけでなく排尿障害までもたらす事例も見られます。

外反母趾治療の方法として一般的な手術手技は非常に多彩ですが、一番多く実行されているのは、中足骨を切って母趾の角度を調節する手法で、変形の進行具合によってふさわしい方法を膨大な中から選んで行うようにしています。

多様な要因の中において、腫瘍の影響で馬尾や神経根が圧迫を受けて坐骨神経痛になったケースでは、継続的な痛みがかなり激しく、保存療法ではいい効果は得られないという性質が見られます。

痛みを伴う頚椎ヘルニアに罹患している方が、整体を利用した方が良いかどうかは、意見が分かれるところですが、治療完了後のリハビリテーションや再発防止という意味では、おすすめ出来ると考えます。

ランナー膝は別名をランナーズニーといい、マラソンやランニングのようにとても長い距離を走り過ぎることで、膝関節に多大な負担を最終的に与えてしまうことが原因となって生じてくるかなりやっかいな膝の痛みのことです。

日本人の80%が持っているといわれる肩こりは、症状が発生する原因も解消するためのやり方も非常に多岐にわたり、医療提供施設での医学的根拠が確実な治療、整体をはじめとした民間療法食事対策や生活様式の改善、肩こり解消ストレッチなどが主だったところです。

専門医による治療に加えて、鍼治療でも毎日のとても苦しい坐骨神経痛の痛みや麻痺などの症状が少しでも改善するなら、とりあえず導入してみてもいいのではないでしょうか。

外反母趾の状態が深刻化すると、指の変形や歩くときの痛みがとんでもないことになるため、完治しないと早合点する人が少なからずいますが、適正な治療を施すことできちんといい結果が得られるので心配することはありません。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る