整体法を用いた治療で素晴らしく・・。

2016年7月28日 | コラム

誰もがびっくりするのですが、痛みを止める薬がほとんど効かなくて、長期にわたり大変な思いをした腰痛が、整体法を用いた治療で素晴らしく良くなった事実がよくあるようです。

ここのところPCを使用する人が増えたこともあり、つらい首の痛みに苦しめられる人が増加の一途を辿っているのですが、首が痛む一番の原因は、頭が首よりも前に出た姿勢を長い時間続行することにあるというのは間違いありません。

病院の整形外科で、「治療してもこれ以上は回復は見込めない」と明言された重度の椎間板ヘルニアの過酷な痛みが腰への負担を軽減させる骨格調整を受けただけで目を見張るほど楽になりました。

鍼を使って行う治療をしてはいけない確認の必要な坐骨神経痛として、子宮内にいる赤ちゃんが神経に影響を与えたことが要因となって出るものがあり、そのような時に鍼を刺すと、流産の誘因となる危険が少なからずあります。

長きにわたって、文字通り何年も専門治療を受けたり、何日か入院して手術するという事態になれば、相当なお金を費やすことになりますが、これについては腰痛罹患者に限定されることではないと言えるでしょう。

椎間板ヘルニアでのヘルニア部分の炎症をとどめているのが実態であるため、治療の終了後も前かがみの体勢になってしまったり重量のあるものを持ち運ぼうとすると、痛みが悪化する恐れがあります。

首の痛みばかりでなく、手足に力が入らないという症状などを自覚しているのであれば、頚椎内に生き死に関わる種々の健康上の問題が現れている可能性が高いので、慎重を要します。

猫背の姿勢になってしまうと、首の後ろの筋肉に物理的なストレスがかかり、治りにくい肩こりの原因となるので、肩こりの不快な症状を根本的に解消するには、何はさておいてもいつもの猫背を解消しなければなりません。

長時間のジョギングやランニングなどにより厄介な膝の痛みが現れる代表的ともいえる疾患は、鵞足部分に炎症が起こり痛みを感じる「鵞足炎」膝関節の外側に痛みが出る「腸脛靭帯炎」がありますが、これらの病気はランナー膝と言われるいわゆるランニング障害です。

変形性膝関節症という膝の疾患は膝の関節内にある骨や軟骨が摩耗して薄くなるかあるいはなくなったり、破損してしまったりする慢性疾患で、中高年齢層が訴える膝の痛みの理由で、数多い疾病の中で最もよく耳にするものの一つに数えられます。

坐骨神経が圧迫されることによって起こる坐骨神経痛の治療を行う際に、専門の装置を用いたけん引に頼る整形外科も比較的多いようですが、その治療の進め方は筋肉が硬直してしまうかもしれないので、拒否した方がいいでしょう。

外反母趾で変形していく足の治療を行うにあたって、保存療法を選んでも耐え難い痛みが続くか、変形が思った以上に酷くて普段履いているような靴を履けない状態の方には、結論としては手術療法を採用するという流れになるのです。

ランナー膝と呼ばれるスポーツ障害は、ランニング等実力以上の距離を走って膝を酷使することで、膝部周辺に過大な負荷を負わせることが原因となって発生するやっかいな膝の痛みです。

頸椎が加齢などによって変形すると、首の痛みを筆頭に、肩周辺の鈍い痛みや手のしびれや麻痺、または脚の感覚異常が理由で起こる歩行困難、その上更に排尿障害まで出てしまうことも稀ではないのです。

頚椎ヘルニアに見舞われると、薬剤であるとか手術、整体等々の治療法を活用しても、完治することは考えられないと言っている人もいます。とは言っても、実際的に改善したという患者さんもそこかしこで見られます。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る