鍼灸やマッサージのような民間療法を・・。

2016年8月31日 | コラム

慢性化した腰椎椎間板ヘルニアのいくつかの治療方法のうち、鍼灸やマッサージのような民間療法を受けることで患部の周囲を強く圧迫したために、ヘルニアがさらに酷くなったという場合も現実にあるので、用心した方がいいでしょう。

もしも真面目に腰痛の治療を開始しようと思っているなら、個々の治療技術のプラス要素とマイナス要素を確認して、今の時点での自覚症状に対してできるだけしっくりくる方法を選ぶのがおすすめです。

当方では、多くの方が鍼灸治療を併用することにより、頚椎ヘルニアが誘因となる手部のしびれとか悩みの種だった首の痛みを元の状態に戻しています。先ずは、来院してみる価値はあると思いますよ。

背中痛もしかりで、平均的に行なわれている検査で異常が見つからない。しかしながら痛みがなくならないという時は、線維筋痛症などの快復も含めて、ペインクリニックで治療をしてもらうことがよくあります。

厄介な坐骨神経痛を起こしている原因となっている要素を治療していくために、問診をしてから筋肉疲労と関節のゆがみについて10~15分程度の時間をかけて慎重に調べ、痛んだり痺れたりする症状の原因となっているものを見つけ出します。

数多くの原因の一つの、腫瘍の発生によってお尻や足への放散痛がある坐骨神経痛が出た状況では、神経障害性疼痛が大変強く、手術などは行わない保存療法では効かないという問題点があります。

外反母趾の治療をする場合に、まずもってしなければならないのは、足にフィットした矯正効果の高いインソールを注文することで、その結果手術に頼らなくても大丈夫になる有用な実例は山ほどあります。

今の時代は、親指の骨切りを実施しながらも、その日のうちに帰れる日帰り手術(DLMO手術)も生み出されており、外反母趾の治療法の手段の一つとされて組み込まれています。

今どきは、TV通販やネットのサイト等で「頑固な膝の痛みに有効です」とその凄い効果を強調している健康補助食品は数限りなく存在します。

椎間板ヘルニアによる炎症を表に出ないようにしているのが現状なため、治療が終了した後でも前かがみの体勢をとったり重い鞄などをいきなり持ち上げようとすると、強い痛みがまた出てくることも考えられるので注意すべきです。

医療機関で受ける治療に限定するのではなく、鍼を利用した治療によっても継続的な歩くことすら大変な坐骨神経痛のしびれや痛みが多少でも良くなるのなら、とりあえず導入してみる価値はあると思います。

立っていられないほどの腰痛になってしまったとしても、得てしてレントゲン撮影をして、鎮痛作用のある薬が出され、腰に負担を与えないようにと指示されるというのみで、最新の方法による治療が実行されるケースはほとんどなかったのです。

外反母趾の症状に悩んでいながら、結論として治療そのものに消極的になっている方は、まずは思い悩んだりせずになるべく近い時期に専門医のいる医療機関で診察してもらいましょう。

椎間板ヘルニアの治療においては、保存的な加療を前提に治療を進めていきますが、3ヶ月もやってみて効果が得られず、日頃の生活が難しくなるのであれば、手術に頼ることも考慮します。

マラソンやジョギングのようなスポーツにより厄介な膝の痛みに襲われる一般的な疾病は、膝の鵞足部分に炎症が起こる「鵞足炎」膝の外側に痛みが発生する「腸脛靭帯炎」が真っ先に挙げられますが、これらの病気はランナーズニーと言われる膝周囲のランニング障害です。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る