慢性的な膝の痛みに効き目が・・・。

2016年9月1日 | コラム

慢性的な膝の痛みに効き目があるコンドロイチンという栄養分は軟骨に含まれるムコ多糖類の一種で、細胞へ栄養などを運ぶ役目がありますが、体内に広く分布するコンドロイチンは歳を取るにつれて著しく減ってしまいます。

全身麻酔とか大量出血に対する不安、いつまで続くかわからないリハビリや後遺症への恐怖といった、これまでの手術法への不安な点をうまく乗り越えたのが、レーザー光を用いたPLDD(レーザー椎間板除圧術)での安心で安全な椎間板ヘルニア治療法です。

頚椎ヘルニアと伝えられた場合で、その症状自体が腕に対しての放散痛ばかりだという時は、手術に頼ることはなく、初耳かもしれませんが保存的療法と称される治療法を実施することをルールとしているようです。

数えきれないほどの人々の悩みの種である腰痛の対処方法として、病院等の医療機関で最新の機器や薬剤を導入した治療から怪しげな民間療法まで、実に色々な技術があります。

常に猫背の姿勢をとっていると、重い頭部を支えている首の筋肉にいつもストレスがかかり、常態的な肩こりの要因となるので、苦しい肩こりを根本的に解消するには、とりあえずは最大要因である猫背を解消するべきです。

うずくような膝の痛みが起こった場合、同時発生的に膝の動きが硬くなったり、赤く腫れたり熱を持ったり、風邪とよく似た症状が見られたり、膝ではない違う箇所にも様々な異常が出てくる場合があります。

不思議に思われるかもしれませんが、実際問題坐骨神経痛のための治療薬というのはなくて、治療薬として使われるのは痛みに効くロキソニン等の鎮痛剤やブロック注射を打つといった対症療法を思わせる薬剤しか存在しないのです。

ここのところPCを使う人が増えたせいもあって、首の凝りや首の痛みに閉口している人が急増しているのですが、その状況の最大の誘因は、正しくない姿勢を休みなく続けたままやめないことだと思われます。

外反母趾の治療をするための運動療法と呼ばれる方法で大切にすべきことは、足の親指の付け根の関節部分が曲がって変形した状態のまま固まってしまうのを回避すること、それから足指を広げる時に親指を動かす筋肉である母趾外転筋の筋力を高めることです。

本来、肩こりや頭痛のような症状を綺麗に解消するために最も重要と思われることは、ふんだんに栄養バランスのとれた食事と良質な休息をとれるよう注意してイライラしたりしないように気をつけ、身体の疲れも精神の疲れも取り払うことです。

酷い腰痛が引き起こされる誘因と対応する治療法をちゃんと捉えていれば、適切なものとそうではないと判断できるもの、重要なものとそうは言いきれないものが明白となるに違いありません。

椎間板ヘルニアでヘルニア部分で起きている神経の炎症を出ないようにしているのが実情であるからして、治療を受けた後も背中を丸める姿勢になったり少々重いものをお構いなしに持ち上げようとした時に、強い痛みが逆戻りしてしまうこともありえるので気をつけてください。

外反母趾の有効な治療方法の一つとして、手指を用いて行う体操も、幅広のゴムバンドを用いて行うホーマン体操も、自分の力でやる運動ではありますが、他の力を用いて行う他動運動に該当するものなので筋力アップは無理であるという事は理解しておかなければなりません。

気分が落ち込むほど陰気に考え込まずに、気分転換に近場の温泉でも構わないので、そこで静かにしていたりすることにより、背中痛が克服されるという人もおられるようです。

口外せずに悩み続けていても、どうしようもない背中痛が良くなることは皆無です。少しでも早く痛みを快復させたいなら、じっとしていないで相談に来てください。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る