鎮痛剤や鎮静剤等種々の薬剤が・・。

2016年9月6日 | コラム

臀部から足にかけて激痛が走ったりする椎間板ヘルニアの治療に薬を用いる場合、鎮痛剤や鎮静剤等種々の薬剤が用いられることになりますが、病院のような医療機関で悩まされている症状をきちんと調べてもらってから次のことを考えましょう。

たまにバックペインとも表現される背中痛ではありますが、加齢が関係しているだけではなく、肩こりあるいは腰痛が起因して背中側の筋肉の均衡が悪くなっていたり、筋肉がダメージを受けていると起こりやすいと言われます。

鍼灸による治療をしてはいけない要注意な坐骨神経痛として、妊娠により育っていく胎児が坐骨神経に影響を与えて誘発されているものがあり、この状況で鍼を打つなどすると、流産になる危険が少なからずあります。

厄介な膝の痛みに高い効果を示すコンドロイチンという広告等でよく目にする化学物質は動物の体内に存在するグリコサミノグリカンと呼ばれるムコ多糖類の一種で、水分や栄養素を各細胞に届ける役割を果たしますが、体内のコンドロイチンは老化により減ってしまい不足しがちになります。

色々ある誘因の一つである、腫瘍の影響で太もものしびれやお尻の痛みがある坐骨神経痛になったケースでは、神経に障る痛みがとても強く、手術などは行わない保存療法では効果が得られないという性質が見られます。

予想外かもしれませんが、現実に坐骨神経痛のための治療薬というものはどこにもなく、利用されているのは痛みを軽減する消炎鎮痛剤や即効性があると言われるブロック注射のような対症療法と同様な薬になるのです。

首の痛みだけにとどまらず、手足の感覚が変という自覚症状などがあるのなら、頚椎の周りに命が危険にさらされるかもしれない重大な健康障害が引き起こされていることも考えられるので、注意しなければなりません。

外反母趾治療を行うための手術手技は症状や原因により様々ですが、極めて一般的なものは、中足骨の一部を切って、親指の向きを調節するやり方で、どのくらい変形しているかによりふさわしい方法を選び出して実行しています。

病院や診療所などで受ける専門的な治療は、坐骨神経痛が生じた誘因や症状に合うように対症療法で進めていくことが一般的ですが、一番重要なポイントは、常日頃痛いと感じる部分に負荷をかけないように気をつけることです。

静かに寝ていても出現する耐え難い首の痛みや、ほんのわずかな動きでも激痛が引き起こされる時に挙げられる病気は、「がんの転移」もしくは「感染症」です。速やかに担当医に診せるべきです。

医師による専門的治療以外にも、鍼治療を受けることでもいつもの苦しい坐骨神経痛のうずくような痛みが軽快するなら、一時的にでも試してみてもいいかと思います。

背中痛を始めとして、いつもの検査で異常が明白にはなっていない状況だが、痛みが消えない方については、線維筋痛症などに焦点をあてて、ペインクリニックで治療を進めてみることが一般的です。

多くの人を悩ませる坐骨神経痛を治療する際に、腰を牽引器で引っぱる治療という選択をする整形外科もかなりあるようですが、その種の治療法は筋肉を硬くするケースも少なくないため、候補からは外した方が安全です。

背中痛につきまして、近所にある専門機関に足を運んでも、主因がはっきりしないのなら、鍼灸院とか整体といった東洋医学を用いて治療を続けてみるのもひとつの選択肢です。

外反母趾の症状が進行して状態が悪くなると、足指の変形や歩く際の痛みが思った以上に酷いことになるため、完治は不可能と決めつけている人を見かけることがありますが、しっかりと治療することにより明らかに完治するので問題ありません。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る