側湾症だったり骨盤の湾曲、背骨の歪形等々が・・。

2016年11月22日 | コラム

声を上げずにいることが無理なほどの背中痛の要因として、側湾症だったり骨盤の湾曲、背骨の歪形等々が推定されます。病院やクリニックに頼んで、信用できる診断をしてもらった方が賢明です。

俗に言われる猫背の状況だと、頭を支えなければいけない首に四六時中負担がかかることとなり、なかなか解消しない肩こりが誘発されるので、肩こりの不快な症状の解消には、ひとまず悪い姿勢を解消しなければなりません。

ほぼすべての人が一遍くらいは身に覚えがあるよくある首の痛みですが、時には痛みの背後に、すごく怖い予想外の疾患が蠢いている場合も見られるということを記憶にとどめておいてください。

坐骨神経痛への一般的な対応では、治療を始めた初期の段階で手術の選択をすることはあまりなく、投薬治療もしくは神経ブロックで有効な結果が得られなかったとか、膀胱とか直腸に障害があるケースで選択肢に加えられます。

痛みによって日常生活が困難 になるほどの怖い病気である頚椎ヘルニアが自分の身に降りかかっても、専門医による診断を早期と言える時期に受けて治療し始めた人は、その先の深刻化した症状に苦慮することなく安心して日常の暮らしをしています。

全身麻酔に対する不安や大量出血への恐れ、延々としなければならないリハビリや気がかりな後遺症といった、これまでの手術法に対する問題点を解決へ導いたのが、レーザー光を利用したPLDDと呼ばれる方法での椎間板ヘルニア治療です。

外反母趾を治療する方法である運動療法というものにおいて大切なポイントは、母趾の付け根部分の関節がちょうど「くの字」の形で固まってしまうのを押しとどめること、並びに足の親指をひらく筋肉である母趾外転筋の筋力向上です。

長年に亘り思い悩まされている背中痛なのですが、どこの医療施設を訪問して精査してもらっても、そうなったきっかけも治療法もはっきりせず、整体治療に取り組もうかと考えています。

ランナー膝(ランナーズニー)という病名がありますがこれは、ジョギング等実力に見合わない長距離を無理して走ることで、膝周辺に過大な負荷をかけることが要因で出てくるなかなか治らない膝の痛みです。

つらい坐骨神経痛が出現する原因と思われるものを治療することを目的として、問診の実施と筋肉疲労及び関節のゆがみに関して10~15分ほどで詳細に調べ、痛みあるいは痺れの原因と思われるものを特定していきます。

つらい肩こりも首の痛みも嫌でたまらない!泣きたいほどつらい!大至急100パーセント解消できたらいいのに!そんな風に考えている人は、何よりも治療方法ではなく根本原因を明らかにしましょう。

負担を与えない姿勢をしていても感じる強い首の痛みや、ちょっと動いただけでも我慢出来ない痛みが生じるのなら疑うべき病気は、悪性腫瘍や細菌が背骨に感染して起こる感染症脊髄炎などの感染症です。急いで病院へ行って専門医に診てもらった方がいいでしょう。

例えば長期化した首の痛み・頭痛を引き起こす肩こりが消えてしまって「心も身体も健康で幸せ」を手に入れたら喜ばしいことだと思いませんか?身体の悩みを解消したら同じ問題が降りかからない体になりたくはないですか?

保存的な加療には、光線療法などの物理療法消炎鎮痛剤等の薬剤を使用する薬物療法等があり、各々の患者さんによって出方が違う椎間板ヘルニアの症状によって治療手段を組み込んで進めるのが一般的だと思われます。

病院などの医療提供施設で専門治療を受けた後は、いつもの生活で姿勢の悪さを改善したり腰の筋肉を鍛えて強くしたりしないと、1回発症した椎間板ヘルニアに関しての問題は解消することはないでしょう。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る