整体治療を始める決断をしました

2017年1月14日 | コラム

ずっと辛い思いをしている背中痛ではありますが、以前から病院に伺って全て検診してもらっても、誘因も治療法も判明しないままなので、整体治療を始める決断をしました。

坐骨神経痛と呼ばれる神経痛の治療では、治療をスタートした時点で手術治療に頼るということは実際はなく、投薬治療か神経ブロックで大した効果が得られないとか、膀胱であるとか直腸に障害が発現している状況に際して検討に加えられることになります。

近年の技術では、メスで切開して骨を切るような手術をしても、その日のうちに帰れる日帰り手術(DLMO手術)も一般的になっており、外反母趾治療の際の候補の一つに列挙され採り上げられています。

頚椎が老化などによって変形すると、首の痛みはもちろん、肩や肩甲骨周辺の痛みや手指のしびれ、若しくは脚のしびれからくる歩行困難、更に排尿の異常まで起こすケースもあります。

外反母趾の治療手段として、手を使う体操も、幅の広いゴムバンドを使用して行うホーマン体操も、自分の力で行う運動ですが、外力による他動運動であるため筋力向上は望めないことは理解しておかなければなりません。

長年悩まされている頚椎ヘルニアに罹っている人が、整体を試してみるべきか否かは、患者さんの状況によりけりですが、治療が終わった後の機能改善や予防をしっかり行うという狙いであれば、ベターな選択であると言い切れます。

スマートフォン、PCの継続使用による眼精疲労のために、我慢できない肩こりや頭痛に見舞われる例もあるので、厄介な疲れ目の治療を行って、嫌な肩こりも我慢できない頭痛も完ぺきに解消してみたくはないですか。

外反母趾を治療する方法である運動療法という筋肉を鍛える療法には、最初からその関節を動かすことになっている筋肉で自分で関節を動かす自動運動と、その部分以外の関節とは無関係の筋肉や、器具、作業療法士等、他者の力を使って関節の動く範囲を広げて動かす他動運動が見受けられます。

日常生活に支障をきたすほどの腰痛が発生しても、大半はレントゲンで異常の有無を確認し、ロキソニン等の痛み止めの薬剤が処方され、腰に負担を与えないようにと勧められて終わりとなり、最先端の治療が受けられるという事例はないに等しかったと言えます。

腰痛を訴えることの多い椎間板ヘルニアを薬によって治療する場合、鎮静剤等多様なものが処方されますが、整形外科の医師に今起こっている症状を明確に掴んでもらいましょう。

不眠も肩こりの度合いに意外と強く影響を及ぼし、眠る時間をより良いものになるようにしたり、何気なく使っていた枕を身体に合ったものに変えたりしたことで、肩こりが解消したというような役に立つ情報も色々なところで伺います。

お尻や足が痛む坐骨神経痛になる原因となっているものの治療を行うために、「問診・筋肉疲労・関節のゆがみ」に関することを10~15分程度の時間をかけてつぶさにチェックし、痛みやしびれの原因となっている要素を明らかにします。

首の痛みをなくすために上部頸椎を調整するのではなく、脳によって出される命令を身体の各器官にきちんと神経伝達させるために整えていくのであり、そのおかげでなかなかほぐれない首筋のこりや根深い首の痛みの改善が見られます。

数多くの人を悩ませている腰痛は、その人その人で誘因も症状の出方も異なるというのは当然のことなので、個々の要因と痛みの度合いをしっかりと掴んだうえで、治療の方法を決めるようにしないのは非常に危険です。

鈍く重い膝の痛みが生じている際、それに伴って膝が動かしにくくなったり、赤く腫れたり熱を持ったり、風邪っぽい症状が出たり、膝以外の箇所にも症状が出てくることがあるので注意が必要です。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る