つらい肩こりや頭痛の解消の際に

2017年3月13日 | コラム

通常、つらい肩こりや頭痛の解消の際に大切なポイントは、十分な量の栄養のある食事と休養を摂取してイライラしたりしないように気をつけ、心と体の疲労を取りのけることです。

保存的治療で激痛やしびれなどが軽くならないケースや、症状の度合いの悪化・進行が見てとれることがわかった場合には、頚椎ヘルニアを治すための外科療法による治療が実行されます。

外反母趾への手術の適用は18世紀ごろより行われ始めた代表的な治療手段で、現代までに数多くの方法が公にされており、その総数は実に100種類以上になるということです。

近年の技術では、足の親指の骨切りを実施しながらも、入院せずに帰れる日帰り手術(DLMO手術)も生み出されており、外反母趾の治療法の選択材料の一つに列挙され盛んに取り入れられています。

腰痛になったら「温めるのが正しい?」「冷やすのがいい?」「急に腰痛になった場合の応急処置は?」など基本的な知識や、オーソドックスな質問だけでなく、医師の探し方や選び方など、使える情報を発信しています。

外反母趾の治療をする場合に、まずもってしなければならないのは、足の形に対応した靴の中敷きを仕立てることで、これのおかげで手術のメスを入れなくても治る事例はふんだんにあります。

日本の国民病とも呼ばれる肩こりは、そもそもの原因も解消テクニックも結構多様で、病院などの医療機関での西洋医学的治療、整体やマッサージなどの代替医療、食事の内容やライフスタイルの見直し、柔軟体操などが主なところです。

全身麻酔をかけることへの恐怖や出血への不安、ずっと続くであろうリハビリや懸念される後遺症といった、今までの手術法へのトラブルを解消するに至ったのが、レーザー光線を使ったPLDD法という術式による椎間板ヘルニアの安全な治療法です。

かなり前の時代から「肩こりに効果あり」と認識されている特定のツボやマッサージも探せばたくさんみつかるので、肩こりの解消を志して、何よりもまず家で実際にやってみるのがいいかと思います。

根深い首の痛みの原因として挙げられるのは、常に緊張状態にある首や肩の筋肉が消耗したことで血液の流れの悪化が発生し、筋肉に溜まった疲労物質だというケースがほとんどだそうです。

背中痛という結果となり症状に見舞われるファクターとしては、鍼灸院はたまた尿路結石等々が挙げられますが、痛みの場所が患者にも永年はっきりとしないということも少なくないと言えます。

様々な辛い症状が現れる椎間板ヘルニアの治療を薬物にて行う場合、鎮静剤・筋弛緩薬等沢山の治療薬が用いられますが、病院などの医療機関にて今起こっている症状を適切に確かめてもらうことの方が大切です。

安静にしている時でも出る深刻な首の痛みや、ほんの少し動いただけでも激しく痛む場合に疑うべき病気は、「がんの転移」あるいは「感染症」です。直ちに担当医の診察を受けることをお勧めします。

うずくような膝の痛みは、必要とされる休憩を確保せずに負荷の多い運動や練習をずっと続けたことによる膝の使い傷みや、思わぬアクシデントなどによる唐突な負傷で発現することがあるので注意が必要です。

不思議に思う人も多いかもしれませんが、現実の問題として坐骨神経痛のために開発された治療薬というものは残念ながら存在せず、用いられているのは痛みを鎮める消炎鎮痛剤やブロック注射のような対症療法と言ってもよい薬しか選択肢はないのです。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る