安全な椎間板ヘルニア治療法

2017年4月13日 | コラム

なかなか解消しない肩こりも首の痛みも嫌気がさした!本当に苦しい!直ちに100パーセント解消できたらいいのに!なんて願っている人は、まず最初に治療法を求めるより要因を明らかにしましょう。

大多数の人が1回は経験するであろうごく一般的な症状の首の痛みとはいえ、痛みの間接的な理由の中に、とてつもなく厄介な予想外の疾患が身を潜めている例も珍しくないということを意識しておいた方がいいでしょう。

麻酔や大量の出血、リハビリ期間の長さや様々な後遺症の心配といった、以前からの手術方法への色々な問題をきっちりクリアしたのが、レーザー光線を使ったPLDDと呼ばれる手術方法での安心で安全な椎間板ヘルニア治療法です。

外反母趾治療の一つの方法として、手指で行う体操も、親指に幅広の輪ゴムを引っかけて行うホーマン体操も、自分の筋力を利用してやる運動ではありますが、外からの力を使った他動運動に該当するものなので筋力の鍛錬というわけにはいかないことは常に意識しておきましょう。

外反母趾治療の有効な方法である運動療法を実施する時にポイントとなるのは、第一趾の付け根の関節が「くの字」状態をキープしてしまうのを回避すること、それに加えて母趾の付け根についた筋肉である母趾外転筋の筋力を鍛えることです。

妊娠によって現れる妊婦ならではの坐骨神経痛は、胎児を出産することで骨盤内の神経を圧迫するものが消え失せることになるのですから、苦しかった痛みも気づかないうちに消えるはずなので、病院での治療はしなくても心配ありません。

変形性膝関節症という痛みを伴う病気は、膝関節のクッションの役割を果たしている軟骨が擦り切れたり、変形してしまったりするやっかいな疾患で、高年齢層に見受けられる膝の痛みの主原因として、種々の病気の中で一番耳にする機会の多い異常のひとつです。

整形外科の専門医に「治療を続行してもこのレベル以上は良くなることはない」と宣告された重度の椎間板ヘルニアの激痛が骨の歪みを正す骨格調整法を施しただけで見違えるほど回復しました。

頚椎ヘルニアと申し渡されたものの中で、その病態が腕にまで達する放散痛がメインだとしたら、手術をすることはなく、言わば保存的療法と称される治療法を利用することを原則とするそうです。

ランナー膝(ランナーズニー)という病名がありますがこれは、ランニング等非常に長い距離を走ってしまうことにより、膝の周りに過度のストレスを負わせることがきっかけで出てくるかなりやっかいな膝の痛みのことです。

鍼を用いる鍼灸治療はいけないとされている注意の必要な坐骨神経痛として、子宮内にいる赤ちゃんに坐骨神経が圧迫されるために出るものがあり、そのような時に鍼を打つなどすると、流産を引き起こすかもしれないのです。

嘘みたいな話ですが、痛みに効く薬が全く効いてくれずに、長きにわたって悩まされてきた腰痛が、整体院における治療がきっかけで見違えるほど良い方向に向かったという事例が普通にあります。

睡眠のとり方も肩こりには大変大きく影響することがわかっており、睡眠に費やす時間を見直したり、いつもの枕を肩こり向けに設計されたものに変えたりしたことで、辛かった肩こりが解消できたという耳寄りな情報もしばしば耳にします。

20~40歳代の男性に多い腰椎椎間板ヘルニアの多種多様な治療技術の中で、鍼灸やカイロ等に代表される民間療法を受けることで患部の周りに圧力がかかってしまい、ヘルニアが改善されることなく悪化したというケースもよく耳にするので、留意してください。

背中痛という格好で症状が生じる原因となるものには、鍼灸院であったり尿路結石等々がありますが、痛みの位置が本人だって長年確認できないということは稀ではありません。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る