楽にするための対症療法を行うこと

2017年4月28日 | コラム

周辺の異変、殊に頚椎ヘルニアに対する治療は、どこの医療機関に行って治療をお願いすれば良いのか分からなかったからと、整形外科を訪ねる方がたくさんいるというのが実情です。

鈍く重い膝の痛みは、しっかりと休憩なしで過剰な運動を長々と続けたことが原因の膝の動かしすぎや、事故などで引き起こされる偶発的な怪我で生じてくる場合が知られています。

病院や診療所などで受ける治療は、坐骨神経痛が引き起こされた誘因や気になる症状に応じてそれらを楽にするための対症療法を行うことがほとんどですが、最も重要なことは、日頃から痛む部分を大事に扱うようにすることです。

ズキズキとした膝の痛みに作用するコンドロイチンという名の化学物質はムコ多糖類の一種であり、水分や栄養素を各細胞に供給する機能を持っていますが、体内に広く分布するコンドロイチンは老化と共に減ってしまい不足しがちになります。

種々の原因の一つの、腫瘍ができたことで太もものしびれやお尻の痛みがある坐骨神経痛が引き起こされた場合は、痛みの度合いがかなり激しく、保存療法の実施だけではいい効果は得られないということになります。

首の痛みのみならず、手とか足に力が入りにくいなどの症状を自覚しているのであれば、頚椎部に命が危なくなるような緊急の障害が生じている恐れがあるので、心してかかってください。

椎間板ヘルニアのヘルニア部分に生じた炎症を出ないようにしているのが実態であるため、治療の終了後も前かがみの姿勢を続けたり油断して重いものを無理して持ち上げようとすると、特有の症状が戻ってくる可能性大です。

激痛を伴う腰椎椎間板ヘルニアの多くの治療技術の中で、カイロプラクティス等の民間療法によって患部の周囲に強い力が加わり、ヘルニアが良くなるどころか悪化したケースもよくあるそうなので、留意してください。

頚椎部分の腫瘍に神経根や脊髄が圧迫されているケースでも、首の痛みが自覚できるので、ほんのわずかしか首を動かさないようにしていても痛みが引かない場合には、初期段階で検査を依頼して、必要な治療を受けましょう。

整形外科における専門的な治療のみならず、鍼灸治療を受けることによっても日頃の生活に支障をきたすほどの坐骨神経痛の自覚症状が良い方向へ行くのであれば、1度は体験してみても損はないと思います。

頚椎ヘルニアのいくつかある治療法の中で、保存的療法としては、マッサージを代表とする理学的療法とか、頚椎牽引療法と言われるものが見受けられます。あなたに合うものをセレクトしなければ、早く治癒するということが難しくなります。

俗に言われる猫背の状況だと、首の筋肉に絶えず力がかかることとなり、しつこい肩こりが生じるので、嫌な肩こりを根本的に解消するには、何はともあれ最大要因である猫背を解消するのが先決です。

坐骨神経が圧迫されることによって起こる坐骨神経痛の主原因が明確であれば、原因となっている要素を無くすることが根治のための治療への近道となりますが、原因が何なのかよくわからない時や、原因を排除することができない場合は、苦痛を除くことを主眼とした対症療法を実施します。

皆さんよく御存じのことですが、多くのウェブサイトの中には腰痛治療のことがよくわかる詳細なサイトも数多く見受けられるので、自分自身の症状に相応な治療法や診療所などの医療機関、接骨院に出会うことも容易です。

それほど心から思い悩まずに、ひとまず旅行に行って、ゆったり気分を楽しんだりすることにより、背中痛が解消される方もおられるようです。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る