長期化した肩こりも首の痛みも煩わしい!

2017年6月16日 | コラム

全身麻酔をかけることへの恐怖や出血への不安、気の遠くなるようなリハビリ期間や後遺症への不安など、現在までの手術法に対する問題点をきっちりクリアしたのが、レーザーを用いたPLDDという手術法による椎間板ヘルニアの治療です。

長期化した肩こりも首の痛みも煩わしい!泣きたいほどつらい!速効で解消して辛さから逃れたい!なんて思っている人は、まず最初に治療手段を求めるのではなく本質的な要因を見つけ出した方がいいと思います。

おびただしい数の患者さんが辛い思いをしている腰痛については、医療提供施設において最新機器や新薬を積極的に取り入れて行う治療から代替療法まで、吃驚するほど色々な種類のテクニックが広く認められています。

医療技術が進歩するに従い、辛い腰痛の有効とされる治療法もこの10年前後で大幅に別物となったので、治療に消極的になっていた人も、再度病院や診療所に行ってみてください。

病院の医師に、「治療しても現在の状態以上は回復は見込めない」と通告された症状が進み悪化した椎間板ヘルニアの激しい痛みが骨格調整法の施術を受けただけで大幅に症状が軽くなりました。

首の痛みに対処するために上部頸椎の矯正を行うのではなく、脳が伝える指令を身体全体に神経伝達物質を介して正しく伝えるために歪みを矯正するのであって、得られた効果として首から頭にかけてのこりや慢性的な首の痛みが良い方向に向かいます。

20~40歳代の男性に多い腰椎椎間板ヘルニアの多種多様な治療技術の中で、鍼灸やマッサージのような代替医療で背骨の周囲が圧迫されることになって、ヘルニアがさらに厄介なことになったという事例も結構あるので、気をつけなければなりません。

変形性膝関節症という病は、膝の関節を保護する軟骨がすり減ってしまったり、損傷したりする障害で、中年以上に見受けられる膝の痛みの大元として、種々の病気の中で一番耳にする機会の多い障害と言えます。

テーピングを使った矯正方法は、つらい外反母趾を手術なしで治療するものすごく効果の高い治療手段であり、数万もの多くの臨床例からみても「保存的療法が確立された」という事は動かぬ事実であると思っていいのではないでしょうか。

広く知られていることですが、インターネット上のウェブサイトには腰痛の治療を扱った詳細なサイトも山ほどあるので、自身の状態にちょうどいい治療のノウハウや病院のような医療提供施設もしくは整骨院をセレクトすることも朝飯前です。

膝に疼痛が引き起こされる主だった要因により、どう治療していくかはそれぞれ変わりますが、習慣的な猫背や重すぎる体重、ライフスタイルが長期的な膝の痛みを生じさせることもかなりあります。

長い期間思い悩まされている背中痛なのですが、以前から専門機関に出向いて精密検査をしても、主因も治療法も明白にならず、整体治療に賭けようかと思っています。

外反母趾の一般的な治療法である筋肉を鍛える運動療法には、もとよりその関節を動かす筋肉を利用して自分 の意思で筋肉を動かす自動運動と、その部分以外の関節とは無関係の筋肉や、専用の器具、専門の理学療法士等、他の力を利用することで関節の動く範囲を広げて動かす他動運動の2種類があります。

メスを入れない保存療法には、温熱や電気などの物理的エネルギーを利用した物理療法、薬を使って治療を行う薬物療法等があり、個々の患者さんによって悩むポイントが違う椎間板ヘルニアの症状に合うように治療の方法を併用して行うことが多いです。

延々と、数年以上もかけて治療を継続して受けたり、病院に入院し手術をするという事になってしまえば、相当な医療費が掛かりますが、このような事態は腰痛のみに起こりうることではないというのは周知の事実です。


  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る