京都市西京区桂の桂川街道、交差点!

2017年9月24日 | 西京区桂周辺情報

今日は比較的晴れで室温は「22度」湿度「60%」という感じです。
やっぱり、日本は湿度が上ろう上ろうとしますね。

ここ何日か京都市西京区桂の桂川街道、豆田街道の通りを見ていると同じ場所でも「雰囲気」が全然、違います。

今日は比較的、天気が良いので桂川街道に「元気」があるように思います。

こんな感じです。

京都市西京区桂の桂川街道と豆田街道の交差点のイメージ

天気が良いので太陽が射していて、通りに影になっていますが・・・。

少し話が変わりますが、こないだテレビで2026年から「氷河期」に入るという話がありました。

安達院長
「温暖化」じゃないのか?(小さく突っ込みました。)

そういう事情もあり、「火星移住計画」があるそうです。

地球の人類の人数キャパは「100億人」という話も聞いた事ありますが、現在地球の人口は70億人程らしいです。
後、30億人程、余裕があるのですが「30億人」ってどれくらいの年数で到達するのかは私には想像できません。

ちょっと、話が逸れたので話を戻しますと

アメリカのイーロン・マスク火星に「核融合爆弾」を使って、火星の空で数秒毎に「爆発」されることで惑星の各極で「一時的な太陽」を作る事が出来るそうです。
火星の2つの極、地球で言うと「北極と南極」の事だと思うのですが、それぞれに脈打つ太陽を空に浮かべるという事みたいです。

被災面も空に浮かんでいるという事から小さく、地球を照らす太陽だって「核融合爆弾」だという認識からきてるそうです。

火星には「二酸化炭素」が二極に「ドライアイス」として存在していて、その「脈打つ太陽」によってその「二酸化炭素」が温められ、空中にその「二酸化炭素」循環しだすという事です。
結果として「空気の循環」と「温室効果」を生み出すという理論です。

2026年には「100万人」は移住するという計画があるそうですが、あまりにもぶっ飛んだ話すぎて想像を絶します。
さすがアメリカ。
「人工太陽」って発想が凄いなと思いました。

でも「京都市西京区桂」の「桂川街道、豆田街道」の交差点から「火星移住計画」の話になったのはスケールが大き過ぎる話ですが・・・。

安達院長
余談過ぎる、話をしてすみません!
  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る