産後の骨盤矯正の必要性!

2017年10月2日 | 院長の独り言

産後の骨盤矯正、あだち整体院では「産後整体コース」という整体コースがあります。

最近、どこの「整体院」でも「産後整体コース」が存在してきています。
整体院だけじゃなく、「整骨院」「接骨院」でもしているところも増えたようです。
「骨接ぎ屋さん」がどんな「産後整体」をするんだろうと不思議ですが・・・。

あだち整体院は「産後整体コース」を「2007年」からしていて、その頃にはほとんど「産後整体コース」されている「整体院」はありませんでした。
どんな感じで歪むかをあまり認識している人は少なく、ただ漠然と「出産」をしたから歪んでいるんだろうという想像から来院される方もたくさんおられます。

「一回で産後の骨盤矯正」を完了して。と言われる方がたまにおられますが、「産後整体」いわゆる、「産後の骨盤矯正」を一回で完了できるかどうかですが、物理的に不可能です。

やろうと思えば出来るか?という問題ではありません。

産後の歪みで「歪みのメイン」は「骨盤の開き」です。

でここの「骨盤の開きを閉じれば完了」。

だったら良いのですが、そういうシンプルな話ではありません。

骨盤の歪みは「ここ」と「ここ」と「ここ」その歪みがあるとします。
その「歪み」がどの程度歪んでいるのか?

開いている骨盤を閉める前にする事があります。

「骨盤」の「上下」「左右」「前傾・後傾」の歪みの確認プラスその歪みを改善するための矯正です。

ここの骨盤の「上下」「左右」「前傾・後傾」の歪みを改善される事が先決です。

それをしないとただ漠然と骨盤を閉める事となります。

歪みながら「骨盤を閉める」とどうなるか?
怖いですよね。

「前後」「左右」「前傾・後傾」の歪みを改善し「閉める」という大まかな流れはこんな感じです。

あえてここで「大まか」と表現させて貰ったのは「前後」「左右」「前傾・後傾」の歪みを改善して「骨盤を閉める」間には

まだしないといけない過程(矯正)があります。

出産後、産後の歪みの原因と出産に至った過程で自覚症状があるケースが多い、「肩こり」「腰痛」「恥骨痛」ひどい人は「座骨神経痛」「ヘルニア」「脊柱管狭窄症」の方もおられます。

その諸症状に対し「善処」のための矯正です。

ここの説明になると詳細過ぎて、個人差があるという表現しか出来ませんが、「詳細な個人差」にも対処する対応が出来て、初めて「産後の骨盤矯正」と言えるのではないかとあだち整体院は考えます。

「O脚」「猫背」の対応。

色々と患者様の方で「悩み」もあると思います。

そんな色々な悩みをお聞きしまして、「産後整体コース」の中に取り入れていれていきます。

「骨盤底筋」の負担。
ここも念頭に入れていきます。
下記の画像をご覧ください。

京都市西京区桂のあだち整体院の妊娠している女性のイメージ

「赤ちゃん」が十月十日(とつきとおか)、お腹の中で「負担」をかけ続けていたのですから「骨盤底筋」に負担が掛かって仕方がない状態です。

これが原因で色々な不具合が出てきます。

産後のトータル的な事を対処しないと完全なる「産後矯正」を行う事は不可能です。

「課題」が多い「産後の骨盤矯正」を一度で完了するというのは物理的にも医学的にも不可能という事になります。

「女性ホルモン」の一種である、「リラキシン」の分泌はいつまで分泌し続けるのでしょうか?
産後も分泌し続けてます。

「リラキシン」が分泌し続ける事により、「骨盤」は更に「歪みやすく」なります。

逆にこの「リラキシン」が分泌するのを「チャンス」と捉え、妊娠前の体型より「綺麗」にする事も可能だとあだち整体院は考えています。

産後の骨盤矯正を「受けるか?」「受けないか?」は個人の選択になりますが、今後のためを考えるならあだち整体院は「受ける」事をおススメ致します。

安達院長
産後の骨盤矯正は全く痛くありませんよ!ご安心下さい。
  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る