酷い肩こりになる前に早く来院を・・・。

2017年10月11日 | 院長の独り言

最近、デスクワークと言わば、PCに向かう時間が一日中という方がほとんどだと思います。
座ったら、座りっぱなしという状態で時折、休憩を入れた方が良いのですが、同じ姿勢で「猫背姿勢」で何時間も何時間もPC入力を続けるという仕事をされておられます。

そんな環境というかそういう仕事をし続けたりする事で姿勢は「猫背姿勢」をし続ける事に繋がります。
そうすると「僧帽筋」に負担がかかり、肩回りの血流が滞り、老廃物も蓄積され肩こりが発生してしまいます。

京都市西京区桂のあだち整体院の肩こりのイメージ

猫背姿勢になる事で「僧帽筋」に負担が掛かり続ける事になるのですが、「僧帽筋」の強度は個人差によって違います。
なのでどの時点で「肩こり」に至るかは「差」があります。

差があると言っても悪い状態である事は間違いありません。
「猫背姿勢」を取っても「僧帽筋」が強いからなかなか「肩こり」に至らない。

という事なのですが・・・。

そのままではいつかは「肩こり」になります!

「肩こり」とは筋肉に「老廃物」が溜まり、血液の循環が悪くなる状態になるからです。

かなり酷い状態の「肩こり」の方が来院されますが、セットで「頭痛」もあります。
痛みのパターンは個人差によりますが、「ずっき~ん」「ず・ずき~ん」・・・・!
しばらくして「ずきん」というように不規則に痛みがある人も入れば、頭を振ると痛いという人も入れば、一日の中で時々、頭痛が出るという人もおられます。

共通している事は「歪み」はかなりあるという事です。
「骨盤の歪み」「背骨の歪み」です。

後は「筋肉」の張りです。

この筋肉も個人差があり、「浅層筋肉」からガチガチに張っていて、「押す」と痛みを感じる人。
触れるだけでも「痛み」を感じる人。

体感的差があり、そこのところも考慮に入れ、施術を組み立てていきます。
なるべく、痛みがない、施術をすることが無理のない施術なので「痛み」に関しては「絶対的考慮」に入れます。

「浮腫み」もあります。
「老廃物」ですが、これも潰して、流します。

それから、骨盤矯正、これも「検査」によって、今の状態によって、個人個人に向く「矯正法」をセレクトしていきます。
矯正法も「痛み」は全くありませんので「安心」して下さい。

ひとつひとつの積み重ねが「その人、その人」に適した、「施術」になってきます。

「酷い肩こり」になるとそのひとつひとつの積み重ねに時間を要したり、体にとってよくないので通常の肩こりにて当院へ来院される事をお勧めします。

「肩こり」も放っておけば、「頚椎ヘルニア」になる事も非常に多いので、「頚椎ヘルニア」は神経の圧迫が伴ってくるので、ここでテーマにさせて頂きました、「酷い肩こり」より重い状態になります。

何でも早期に対処する事が得策だと思います。

ではまた色々とお伝えさせて頂きますのでよろしくお願い致します!

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る