また台風の恐れが・・・。京都市西京区桂の桂川街道の状況!

2017年10月28日 | 西京区桂周辺情報

今日も「雨」です・・。
寒くなってきて、寝てると「お布団」が心地よくて、いつもより朝起きるのが遅くなってしまいました。
そして「雨」が降っていると「心地よさ」が増します。(どうしてなのだろう!?)

室温「20.5度」湿度「58%」です。

京都市西京区桂の桂川街道と豆田街道の交差点は下記の状況です。
「雨」がスタンダードに降っています。

画像名を書く

比較的「車」が流れるように走っていて、車が「水しぶき」と「音」をたてて、走っています。
この中途半端な「季節」が体調を崩す原因になります。

インフルエンザの予防接種なんですが、皆さんはどうですか?
「予防接種」受けますか?

お医者さんの見解も分かれますが、予防接種「打つ派」「打たない派」に分かれるようです。
「打つ派」も信じて打つわけですが、「打たない派」の見解を聞くと「インフルエンザの予防接種」というのは「死滅した菌」をこの死滅した菌というのは「インフルエンザの菌」ですが、これを「注射」するわけです。

そして、「弱いインフルエンザ」に感染させて「治癒」させます。
そして「治癒」する事で体がこの「インフルエンザの菌」を覚え、体の中に「抗体」を作るという流れです。

これを基本に考えればわざわざ、「注射」を打たなくても「意図して」はできませんが、我々、買い物に行ったり、どこかにお出かけしたりする時に「微弱なインフルエンザ」に感染してる事も多々あるわけです。
そして、気が付かないうちに「治癒」しているというケースはかなり多いそうです。

それで「インフルエンザ」の予防効果はあるとの事です。

それでも本気度の高い「インフルエンザ」になってしまう事も多々あるわけですが・・・。

「インフルエンザの予防接種」とは今年はこんな「インフルエンザの菌」が流行るであろうと「予約」して「予防接種」に取り入れるそうです。
その「インフルエンザ」の菌の予測が外れた場合は「その他の種類のインフルエンザの菌」なので、「予防接種」を打った人も「インフルエンザの抗体」がないわけですから、「感染」してしまいます。

という事は「打っても」「打たなくても」確率的にはどうなんだろう?という話から「打たない派」のお医者さんも多いそうです。
この話は直接、「お医者さん」に聞いた話です。

是非、参考にして下さい。

もしインフルエンザに掛かったとしても今は薬は「タミフル」より、良い「特効薬」があるので「治癒スピード」が「タミフル」より早いそうです。

インフルエンザに掛かると周りに迷惑というか気を使いますが、確率的な事も含め、「打たなくても良い」という選択肢もありかなと思います。

インフルエンザの予防接種、料金が結構高いですしね。
(都道府県によって差があります!)

「インフルエンザの予防接種」はお医者さん結構、儲かるみたいですよ。

それと「子供」は2度、「インフルエンザの予防接種」打たないといけないという常識的にされていますが、これも「お医者さん」情報ですが、「嘘」に近いみたいです。

子供さんも「一度」で良いみたいです。

結構、「お医者さん」に聞くと裏の話が聞けて面白いですが・・。
また、色々と他にも面白い話があるので次の機会にという事で。

「なぜか?」インフルエンザの予防接種の話が長くなってしまいました。

今回の「台風22号」ですか?
「台風21号」より「弱い」ので少し安心みたいです。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る