肩こりは病院で治療より整体を受ける方が良い!

2018年12月3日 | 院長の独り言

病院では「肩こり」はどんな治療を行うの?

 
 

京都市西京区桂のあだち整体院の電気治療のイメージ

 
ひどい肩こりとはどんな「肩こり」なのでしょうか?
肩が凝り過ぎて、首が回らない。
首を動かすだけで激痛。
 
ひどい肩こりは「凝る」のを通り越して、「痛み」に感じます。
「凝る」というのは「痛み」の種類ですが、「凝り」が重くなると
「痛み」と感じます!
 
「肩こり」も怖いもので、「我慢」して「放置」していくと「頸椎ヘルニア」
になってしまう「可能性」も出てきます!
 
そういうわけで、「病院」へ行くとどんな治療をされるのでしょうか?
 
「レントゲン」を撮り、「頸椎」の状況を確認されます!
 
個人差はありますが、「骨と骨の隙間」が狭い等を指摘されます。
 
「僧帽筋」の緊張状態の確認をされて「病院」にもよりますが、
「電気」を肩こりの患部に当てられる場合と首をひっぱる「牽引」を
される場合もあります!
 
「ホットパック」を当てて「温める」場合もあります!
 
「低周波」をあてる場合もあります。
「干渉波」をあてる場合もあります。
両方をあてる場合もあります。
 
「問診」だけで終わるところもあります。
 
後は「薬」処方するはずです!
「筋肉を和らげる薬」
「血管を拡張する薬」
「痛み止め」等
 
およそ、こんな感じなのではないでしょうか!?
 
 

肩こりになる原因とはなんでしょうか?

 
 

京都市西京区のあだち整体院の肩こりのイメージ

 
肩こりは筋肉が緊張した状態というのが一般的なのですが、
肩周辺の筋肉がかなり「収縮」していて、その「収縮」している「筋肉」に「老廃物」が溜まっています。
 
「筋肉」を使用すると「筋肉」が「収縮」します!
使わなかっても「筋肉」が「収縮」します。
 
「筋肉」とは「使っても」「使わなかっても」「収縮」するという事です。
 
そして「収縮」した筋肉に「老廃物」が溜まり、「肩こり」になっていきます。
 
 

「肩こり」は結局、病院へ行った方がいいの?

 
 

 
「肩こり」で「病院へ行く」というのは皆様、どう思われますでしょうか?
私の考えを結論的に言うと、「全然普通」の事です。
 
むしろ「酷い肩こり」ならば是非、「お医者さん」に行って下さい。
 
「肩こり」もひどくなってくると、「頚椎ヘルニア」になってしまう事も多々あります。
 
その「頚椎ヘルニア」を判断というか「診断」するのは「お医者さん」であるという事は間違いありません。
 
「レントゲン」だけでは「頚椎ヘルニア」を診断できる事はできないので、「MRI」を撮る事になるとは思いますが、
「MRI」を撮る事が出来るのは「お医者さん」だけです。
 
「MRI」を撮って、その結果に基づいて、「頚椎ヘルニア」かどうかを「診断」します。
 
「レントゲン」で分かる範疇は「骨の異常」が分かったり、「骨」と「骨」の間の「隙間」を確認する事の範疇です。
 

肩こりを感じる人と感じない人

 
 

 
「肩こり」にも関わらず、「肩こりの自覚症状」がない人と
「肩こりの自覚症状」がある人がいます!
 
「肩こり」なのに、「肩こり」を感じないとなんか「ラッキー」というか
「得をした」と思うのですが、本当にそうでしょうか?
 
「肩こり」の「こり」とはどうして「苦痛」と感じるのでしょうか?
 
それは「苦痛」という感覚が「カラダの異常」を知らせるためなのです。
 
「肩こり」なのに「肩こり」と感じないという事は「カラダの異常」を「認識」する事が出来ていない
という事なので、「ラッキー」とか「得をした」という事ではありません。
 
「カラダの異常」を気付く「きっかけ」を失っている状態だと言えます。
 
 

ひどい「肩こり」なので「圧が強いマッサージ」を受けたが・・。

 
 

マッサージのイメージ

 
慢性的な肩こりで年々、その肩こりがひどくなってきて、少々の圧での「マッサージ」ではほぐれないと思い、圧の強い「マッサージ」を受けられる方が非常に多いと聞きます。
 
その圧の強い「マッサージ」を受ける事により「肩こり」が改善したかというと決してそうではない場合が多いようです。
 
凝り固まった「筋肉」を凄い力で揉みほぐすわけですから、パワーで「凝り固まった筋肉」をほぐす事は可能です。
 
ですが、その凝り固まった「筋肉」はほぐれたようにみえて、「鍛えられていて」次回、「肩こり」状態になった時に更に凝り固まり方が「強く」なります。
 
更に凝り固まった「筋肉」の緊張をまた更に「強い圧」で「マッサージ」をする事でほぐす事になります。
 
そうすると更に更に「筋肉」が「鍛えられて」凝り固まり方が更に更に「強く」なっていきます。
 
それを何度も何度も繰り返しいくうちに「通常の強いマッサージ」では「緊張した筋肉」俗にいう「ひどい肩こり」がほぐれなくなります。
 
「強い強いマッサージ」を受け続ける事により、
 
「肩こり」の悪化は元より
「首が回らなくなったり」
「筋肉が炎症」を起こし「痛み」が出たり、
「筋肉痛」みたいになり体が「こわばったり」、
「頭痛」が出たりする可能性があります。
*「こわばる」:逆に硬くなって、動きにくくなる。
 
「肩こり」は「パワーマッサージ」で「改善」するのではありません。
 
「肩こり」の原因は何かを見極め、その原因を除去する事をしないと「根本的改善」に結び付いていきません。
 
 

肩こりを根本的に改善するには

 
 

京都市西京区桂のあだち整体院の矯正のイメージ

 
「肩こり」になると「マッサージ」行くけど、
マッサージを受けた瞬間は楽になる!
でも根本的に改善した感じがしない。
 
よく肩こりの患者様でそういう意見を耳にします!
 
「肩こり」を根本的に改善するにはどうしたらよいでしょうか?
 
結論的に言うと、
肩こりは「猫背姿勢」を改善すると大幅に改善します!
 
「肩こり」の方は共通して「背骨」(脊椎)のS字カーブがなく、真っ直ぐになっています。
頭の重さは個人差はありますが、「総量5キロ」あり、「ボーリング玉」の重さをイメージ
して頂ければ想像できると思いますが、大体、「ボーリング玉」と同じです。
 
「ボーリング玉」くらいの頭の重さをS字カーブがない「背骨」(脊髄)だとどうなるのでしょうか?
その「ボーリング玉」と同じくらいの重さの「頭」を維持しようと「筋肉」に「負担」がかかります。
 
その「負担」が「肩こり」に繋がっていきます。
 
という事から、「背骨」(脊椎)のS字カーブになるように「矯正」をすれば、
肩こりに至る「根源」がなくなります。
 
その「根源」=「骨の歪み」を「矯正」によって「肩こり」の根本的改善に至るという事です。
その「骨組み」を形成させてもらい、そこから「緊張した筋肉」を和らげる、「施術」を行うと
肩こり自体がなくなるというわけです。
 
「肩こり」にも「慢性的な肩こり」の状態を「どれくらいの期間」放置していたか?
 
「肩こり」なので、「マッサージ」は受けていたが根本的に改善していない方!
 
等 色々な方がいらっしゃると思いますが、当院ではひとりひとりの「筋肉の状態」
「関節の可動域」「骨の歪み」等、詳細に「検査」をさせてもらってから、
今の肩こりの状態に合わせた「施術」を組み立て、根本的改善するための「施術」
提供させて頂きます!
 
 

肩こりを改善するための「整体」は痛いの?

 
 

京都市西京区桂のあだち整体院の安心している女性のイメージ

 
色々な「整体院」「カイロプラクティック院」「整骨院」「接骨院」へ行かれている方から
「施術」「マッサージ」等も含めて、どこにも行った事がない人、いろいろな方がおられると
思いますが・・。
 
例えば、「肩こり」を根本的に改善しようと思う人で当院へ通院しよう思うならば、
「初めての整体院」へ行こうとする時、気にされる事が「痛い事されるのかな?」
「怖い事はされないだろうか?」と「マイナス的な心配」をされる方がおられるかもしれません。
 
ここも結論的に言うと痛くあるませんし、怖い事も致しません。
当院では「小学校6年生」が一番、最年少で来院されているのですが、
痛い事もしませんし、怖い事もしないので、安心して来院して頂いています!
 
なので「安心して」来院下さい!
 
 

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る