京都で腰痛を改善させる整体院をお探しなら

2018年12月10日 | 院長の独り言

京都で腰痛を根本的改善させるための整体を探しているなら

 
 

整体を探しているイメージ

 
京都市内には「整体院」「接骨院」「整骨院」「マッサージ」と「施術院」がかなりあります。
「腰痛」を改善したいと思っても、どこの「整体院」「接骨院」「整骨院」へ行ったら良いか分からないと思われる方がたくさんおられるようです。
 
もし「腰痛」が「根本的改善」を目的とした「施術」を受けたいと思われたお客様はこちらの「記事」を参考にして頂ければ嬉しく思います。
 
 

あなたの「腰痛」はどんな「腰痛」でどんな症状がありますか?

 
 

どんな腰痛のイメージ

 
腰痛には色々な種類があります。
腰痛に種類があるという事は「症状」にも個人差があるという事です。
どんな痛さがあるかによって、その症状に対応した「施術」を行う事が出来ます。
 
当院ではどんな「腰痛」なのかを見極める事が「腰痛」を「根本的改善」に導く「施術法」を
提供する事が出来ると考えています!
 
「痛みの箇所に熱を持っていないか?」
「炎症をしていないか?」
痛みの出ている箇所の「症状」や「状態」を知る事も含めて「検査」を行います。
 
短絡的に「骨の歪み」の箇所を「検査」するだけではないという事です。
トータル的にひとりひとりのお客様の「詳細な腰痛」すなわち「詳細な症状」「痛みの程度」「痛みの原因」を知る事で「腰痛」を改善するための「施術」を行う事ができます!
 
 

慢性的腰痛と急性腰痛

 
 

通常腰痛のイメージ

 
当院は普通の「腰痛」を「通常腰痛」と言っています。
説明すると「神経圧迫」を伴わない腰痛で、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」の可能性がなく、「腰椎捻挫」あるいは「ぎっくり腰」ではない「腰痛」を「通常腰痛」と言っているという事です。
 
その「通常腰痛」でも数か月から、何年も「腰痛」の状態だと「慢性的腰痛」です。
 
腰痛になって「48時間以内」なら「急性腰痛」と言っています。
 
この「急性腰痛」もいくつか種類があって、重いものを急激に持ったりして、骨盤の歪みが発生した。
その急激な歪みによって圧迫があり起こった「腰痛」と筋肉そのものが「捻挫」状態になった「急性腰痛」。
 
ひとつの「ワード」として「腰痛」ですが、実際には「腰痛」にも「種類」が色々あります。
 
ここで微妙な「腰痛」の種類を紹介したのは単なる「腰痛」と一般的に認識されていると思いますが、
そうではなく、「腰痛」の種類が多いという事は「腰痛」の種類毎に「個人差」もあるという事です。
 
その「腰痛」のタイプを見極める事により、「施術するタイミング」と「施術方法」を「最善の選択」をする事が「根本的改善」に結び付く「施術」という事になります。
 
「腰痛」という1つのキーワードですが、「どんな腰痛」というのを「見極め」、「施術方法」を組み立てて「技術提供」するのがベストかを考えて当院は「整体」を行っています!
 
「腰痛」も更にひどくなると「神経」が圧迫を起こす、「座骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」も範疇に入ってきます。
 
 

座骨神経痛とは何でしょうか?

 
 

座骨神経痛のイメージ

 
お客様から「腰痛」なので、みて欲しいと言われるのですが、どこがどんな風に痛いのか?
というのを確認しますと、「お尻」から「脚」にかけて、「痛みがある。」「だるみがある。」とか「響く」等の痛みを訴えられます。
 
そういう痛みに至るまで「腰痛」が慢性的にあった人から「腰痛」の症状が全くなかった人が急にそういう症状になる人も色々おられます。
 
「通常腰痛」とは「神経圧迫」がない、スタンダードな「腰痛」で普通の腰痛の事を差しますが、「お尻」から「脚」にかけて、「痛い。」とか「だるみがある。」あるいは「響く」場合、これは「通常腰痛」の範疇から逸脱していて、「神経圧迫」が伴う「腰痛」である可能性が高いと言えます。
 
脊髄から枝のように伸びている「神経」を「末梢神経」といいますが、「座骨神経」はその「末梢神経」の中でも最も長い「神経」です。
 
「お尻」から「太もも」の後ろ側を通り、「ふくらはぎ」そして「足先」へと繋がっています。
 
「座骨神経痛」の症状は座っている時に痛みが「増強」し「歩く」と楽になる場合と、「歩く」と痛みが「増強」する場合と個人差があります。
 
「お尻」から「ふくらはぎ」にかけて、「痛み」「弛み」「響く」等、人によって体感的に個人差があるのが特徴です。
 
 

腰椎椎間板ヘルニアとは何でしょうか?

 
 

腰部椎間板ヘルニアのイメージ

背骨(脊髄)は「椎体」という「骨」と「椎体」(骨」と「椎体」(骨)の間に「クッション」の役割をしている「椎間板」があって「交互」に「積み重なって」します!
 
「椎間板」の中にはゼリー状の「髄核」という箇所があり、「骨盤の歪み」の状態で無理な態勢や一定姿勢を取り続け、「負担」なり、「髄核」が押し出され、「脊柱管」の中を通っている「神経」を圧迫される事で「痛み」や「痺れる」ような「症状」が出ます。
 
この状態が「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。
 
検査法で立った状態で「前屈」すると「痛み」が増す場合、「椎間板ヘルニア」の可能性が高い。
 
 

腰部脊柱管狭窄症とは何でしょうか?

 
 

腰部脊柱管狭窄症のイメージ

 
背骨(脊髄)は体を支える「役割」と共に「脳」から「背骨」(脊髄)に沿って伸びてきた「神経」(脊髄)を守る役割を担っています。
 
この「神経」が走っている「背骨の隙間」の事を「脊柱管」と言います。
 
「腰部脊柱管狭窄症」とは「腰」のあたりにある、「脊柱管」が狭くなって「神経」が「圧迫」された状態の事です。
 
原因としては「老化」などで「狭く」なり、「神経根」や「馬尾神経」の箇所が「圧迫」され、「下半身」に「痛み」や「痺れ」が出ます。
 
*「神経根」:脊髄が分かれて身体の各部分に行く神経の根っこの部分
*「馬尾神経」:脊髄の末端の枝分かれした神経の束。(馬のしっぽに似ていることから馬尾といわれます。)
 
 

ひどい「腰痛」なので治したいがどこの治療院へ行ったら良いのか?

 
 

病院のイメージ

 
最近、京都で「整体院」「接骨院」「マッサージ」等、色々な「施術院」が増え続けています。
 
「癒し系」から「治療系」の「施術院」までたくさんあります!
 
「ひどい腰痛」ですごく困っている方も凄く多いと聞きます。
 
「腰痛」を何とか治したいと考える人はまず「整体院」「接骨院」「マッサージ」より何より「病院」に行かれるそうです。(みんながみんなではありませんが・・。)
 
結論から言うと「ひどい腰痛」なので「レントゲン」でも撮って貰った方が良いので「病院」に行った・・。
行動としては「大正解」です。
 
まず、「病院」いわゆる「ドクター」に「診断」してもらうのは「大正解」です。
 
「病院」に行くと診断時に希望通り、「レントゲン」を撮ります。
 
その「レントゲン」を診て、「腰痛」になった原因を「診断」するのですが、ある程度、「腰痛」になった原因が分かる可能性があります!
 
例えば、「レントゲン」の結果が「骨」と「骨」の「隙間」が狭い場合、現在進行形で「狭く」なっている場合が多く、「腰痛」の原因になっていると考えられます。
 
「レントゲン」で「異常がない」場合もあります。
けど、腰の痛みがある!
 
「レントゲン」に異常がないが「腰痛」がある。
こんな場合は「病院」はどんな対処療法をするのでしょうか?
 
ここで注釈ですが、「病院」とは「腰痛」に対して、どのような「処置」を施すかというと
大きく分けて2種類です。
 
「保存治療」と「手術」です。
 
「保存治療」いわゆる「保存療法」ですが、それは何かというと「電気治療」や「牽引治療」です。
「電気治療」と言えば「マイクロ波(極超短波)治療器」や「低周波・干渉波」。
「牽引治療」は腰椎を引っ張ることにより、骨同士の圧迫を軽減したり、ズレを矯正する治療器です。
 
 

病院で「保存療法」を受けるなら

 
 

腰部の牽引のイメージ

 
「腰痛」で「病院」に通院されている方は症状として「通常腰痛」から「腰椎椎間板ヘルニア」「腰椎脊柱管狭窄症」の方まで色々なお客様がおられると思います。
 
「病院」でされる「保存療法」とは「マイクロ波(電気治療)」「腰部の牽引」「ホットパック」で患部を温める。「低周波・干渉波」を患部に当てる。
と思います。
 
特に「腰椎椎間板ヘルニア」、「脊柱管狭窄症」の方は「痛みの部分」を温め、「腰部」を「牽引」するという「牽引療法」をする事が一般的です。
 
「腰部」の「牽引療法」は「保存療法」の中で効果は「期待出来る」と思います。
ですが、目安として一週間に3回以上を3カ月間くらい、「病院」に通院をして、「腰部」の「牽引」を受ける必要があります。
 
一週間に一回程度ではあまり効果が出ない可能性が高い!という感じです。
 
「腰椎椎間板ヘルニア」、「脊柱管狭窄症」は痛みの程度が「軽い人」から「ひどい人」までおられます。
 
「腰椎椎間板ヘルニア」、「脊柱管狭窄症」を1回の〇〇で治るとかいう「治療院」が世の中、存在するそうですが、基本的にどんな方法を使うのか知りませんが、医学的見地から一回で治るという事は絶対ありえません。
 
「治療期間」が必要となってきます!
 
「神経の圧迫」が伴う「腰椎椎間板ヘルニア」、「脊柱管狭窄症」は下手をすれば(最大限に悪化すれば)、「治療手段」が「手術のみ」という事にもなりかねません!
 
病院において、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」の治療法は「保存療法」か「手術」の「2択」になってしまいます。
 
「手術」ではなく「保存療法」で治したいと思われる方が一般的ですが、「忙しい」から「時間」がとれないという人は「保存療法」で「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」を治す事は難しくなります。
 
「自然治癒」するものでもありません。
「手術」の確率が大幅に上がる可能性があります。
 
 

「座骨神経痛」や「腰椎椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」で整体を受けて改善したい

 
 

整体のイメージ

 
病院で「保存療法」で「効果が高い療法」は個人的に思うのが「腰の牽引」は効果が高いと思います。
 
「腰椎椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」等の症状に寄りますが、出来れば毎日、最低でも1週間に3回程度、期間としては「3カ月」くらい「腰の牽引」をすれば「改善」する可能性が高いと思います。
 
ですが、なかなかそれくらいのペースで「通院」する事が出来ない方はひとつの選択肢ですが、「整体」を受けるというのも良いと思います。
 
当院は特に「骨盤矯正」の技術が「長けて」いますので、「骨盤の歪み」を「矯正」するという技術を提供する事が可能です。
 
「骨盤の歪み」を整えるという事は「腰痛」の根本的原因を取り除く事になります。
 
1週間に1度の「施術ペース」でもスピーディに「状態」が変わる可能性が高くなります。
 
当院では「座骨神経痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」を「深い腰痛」と言っています。
「なぜ」深い腰痛というかと言うと「神経」が圧迫している「腰痛」なので「神経」とは「体の深い位置に存在している」ので分かりやすく分類をしています。
 
「通常腰痛」は一般的な「腰痛」なので、「神経」の圧迫が伴わないので、早期に改善に至る可能性があります。
 
「座骨神経痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」になる前が「通常腰痛」です。
 
「通常腰痛」の段階で「整体」を受ければ「座骨神経痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」より遥かに早く改善する事は間違いありません。
 
「座骨神経痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」の方で「病院にそんなに通院出来ない方」あるいは、「通院出来てもそんなに通院できない方」は当院にて来院される事を考えてみてはいかかでしょうか。
 
 

「整体」を受けるなら「整体院」へ

 
 

整体院のイメージ

 
読んで「字」の如く、「整体」は「整体院」へ行くべきだと思います。
 
最近、「接骨院」「整骨院」で「整体」をされているところが物凄く、増えました。
 
「接骨院」「整骨院」は「柔道整復師」という「資格」なのに、「整体」をするのかちょっと分からないですが、
「健康保険」が適用範囲は「捻挫」「打撲」「脱臼」のみで後は「保険適用外」です。
 
「接骨院」「整骨院」は「整体」を出来るかというと、「柔道整復師」の学校だけ出た方は「習わない」ので出来るはずはありません。
「整体」の学校で習得したのであれば「整体」を出来るでしょうが、どうなんでしょうか?
 
「接骨院」「整骨院」と言えば、凄い人数、お客様が来院していて、「カウンセリング」から「施術」から「矯正」から「説明」まで「時間」を掛けて出来るのでしょうか?
 
「整体」が「健康保険」を使えないですし、実質的な「整体」が出来るかというのも「未知」という事もあります。
 
「腰痛」で「整体」を受けたいと思っているなら、「ネーミング」として「整体」という文字が入っているところに行くべきだと私は思っています!
 

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る