扁鵲(へんじゃく)の六不治(ろくふち)

2013年8月29日 | コラム

六不治(ろくふち)とは古代中国の半ば伝説的な名医である*扁鵲(へんじゃく)によって唱えられた。扁鵲は次のような患者の病気は治せないと断言した。

扁鵲(へんじゃく)という人物

扁鵲(へんじゃく)

古代中国、とくに漢以前の中国における、半ば伝説的な名医で(今から2500年位前)の医師(針灸師)

六不治(ろくふち)

第一の不治
驕恣(きょうし:おごりがひどく、欲ばりであること)で、物事の道理わきまえない人。

第二の不治
財(お金など)をけちって身(健康)を軽んじる人。

第三の不治
衣食住を適切にしない、できない状態の人。

第四の不治
陰陽ともに病み、内臓の気が乱れきった人。

第五の不治

身体が衰弱しきって、薬を服用できない人。

第六の不治

巫(おがみやさん)を信じて医を信じない人。

扁鵲の六不治の病といわれ、宗教と医学の分離をといたものとして、後世しばしば引用されるところとなった。患者に対する警告を含むものともいえる。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る